playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

体幹が大事

c0121102_13141064.jpg
ヤッホーのNewsに出ていたので、見た人も多いでしょうが、
プロ野球ソフトバンクの和田選手がトレーニングにカヤックを取り入れているそうだ。
カヤックは全身運動で、体幹を鍛えるのにいいとのこと。
そうカヤックでは軸が大切ですね。

以下、その記事から引用です
変身 最強ボディー 和田 カヌートレでバランス感覚&体幹アップ
探求“芯”で勝ちまくる。福岡ソフトバンクの和田毅投手(27)が21日、宮崎市生目の杜で行っている自主トレを公開した。バランス感覚と体幹を鍛えようと、新たにカヌーに挑戦。白波が立つ強い流れを逆走する力強いこぎっぷりで、元国体選手を仰天させた。この日は「もっと勝てる投手になりたい」と8勝に終わった昨季の雪辱を宣言。身体の芯を使った投球でけがを防ぎ、WBCからリーグ優勝までフル稼働するつもりだ。

■元国体選手が絶賛
 あくなき探求心の表れだった。陸上トレーニングでは飽き足らず、水上にまで飛び出した。和田が逆流をものともせず力強いオールさばきで大淀川を上る。腕を大きく動かしながら、胴体はぶれない。これがカヌートレーニングの狙いだった。

「体幹とバランス感覚を鍛えられる全身運動。腕だけだとすぐに疲れてしまう。身体の芯で調整するところは野球と似通うものがある」
 指導した元国体選手は「正直びっくりです。パワーは国体選手並です」と目を丸くした。すでに5回目のトレーニングだったが、通常10日ほどでマスターする技術を2回目でクリア。この日は上級者向けのコースを余裕の表情でこなした。
 カヌーは個人契約を結ぶ土橋トレーナーの提案で導入。国立スポーツ科学センター(JISS)でカヌー五輪代表強化に携わった経験を持つ土橋トレーナーが、和田の求めるトレーニングにぴったりと判断。宮崎市観光協会の協力を得て実現した異業種トレだった。


で、紹介文はカヤックではなく、カヌー。
まあ、日本では広くカヌーと呼ぶのでこれはOKですが、
パドルも見事にオールと書かれていますね。記事を書いているのはスポーツライターだと思うのだが、やはりカヤックはマイナーですね。

それと、文面に出てくるJISS。
これがどうも凄いとこらしい。
以前、竹下百合子ちゃんのインタビューの時に聞かせてもらったけど、
かなり科学的なトレーニングをしている。
オリンピック代表に選ばれると、そんなとこで練習できるのですね。
どんな練習しているのか、小誌にもバラして欲しいです。
[PR]
by playboating | 2009-01-22 13:26 | その他 | Comments(0)