playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Vol21 読者アンケート

秋になり、気持ちい季節となっているが、僕のパドリング出撃は減ってきています。
悲しい・・・。

さて、Vol21でお便りを頂いたアンケートの人気記事発表です。
その前に、今回はハガキそのものが少なかったです。
プレゼントの質がイマイチ良くなかったか?
しかしながら、当選確率は高いということ!
今からでもまだ、間に合います。ハガキ回答よろしくです!

で、1位。
「ロールマスターへの道」
c0121102_23333435.jpg
当然ながら、すでにロールができている方には不要な内容だったのですが、
ロール悩んでいる人も多いということでしょうか。バックデッキやハンドも役に立てたかな?
よかったという感想の数はこれまでの1位に比べると少ないのですが、
実はVol21は、販売数が伸びている!
追加オーダーがいつもより増えたのです。
つまり、これまで購入してなかった人も買ってくれたということかと思います。
これは嬉しいですね。小誌はとかくマイナーな内容になりがちなので、
もっと広いところでも読んで欲しいわけです。
(もちろん、マイナー雑誌ならではの深いつっこみもしたいとも思います。)
グラの後藤さん、メルヘンの木曾のオジキに感謝ですね。
十分に伝えられなかったと思いますが・・・。
Vol21を読んで、もうひとつ理解が欲しいという方は、スクールを受けてください!もっと目にウロコな話が聞けますよ。

2位 ホワイトウォーターダイアリー
昔話ではあったのだけど、これが、なかなか面白いですね。
貝本氏の切り口は、本誌の他にない感じで、雑誌を面白くしてくれています。

3位 ビギナーのためのフリースタイル入門
初心者ネタが続きますが、リサ助手やルカ君はいつの間にか撮影されて、記事になっていたので、びっくりかな?
これで、みんなのエントリーミスが少なくなればといいのだけど。
次回はサーフィン、スピンの予定です。

おまけですが、「にっぽん フリースタイルカヤック史]
つまらない記事で回答があるのではと心配していたのですが、面白いに回答してくれた方が数名いました。
もちろん、記事を書いた本人ではないですよ。
黎明期から漕いでいる方には懐かしいでしょうが、パドリング歴1年という方からもハガキがあったので、歴史もまんざらではないようですね。
この記事は、日本のフリースタルの歴史でもあるわけですが、
日本フリースタイルカヤック協会の活動を知って貰いたいという意味も込めてスタートしました。
今、フリースタイルはIOCの傘下になり、将来、オリンピック種目になるのか?とか、その活動団体の意義を問われています。JFKAの活動が将来の日本のフリースタイルの役に立てばと思っています。
[PR]
Commented by たびさん at 2008-09-27 21:47 x
普通のロールはできるのですが、バックデッキロールがなかなかできません。体がカヤックの下に来たあたりで動きが止まってしまいます。
あそこから前に体を持っていくにはどうすればいいんでしょう。。
ところで、今日は国体のスラとワイルドの練習を見に行きました。初めて会った八木さんは爽やかな感じで笑顔の素敵な人でしたよ。
ワイルドは全体的に地味ですが、八木さんは派手なヘルメットでとても目立っていました。力強いストロークがとても印象的です。何事も基本が大事ですね。
Commented by playboating at 2008-09-30 00:26
次号の原稿を依頼している服部選手や石田選手、八木君と揃って国体に出場中。締切も近いので、ちょっと原稿の仕上がりが心配ですが、彼(彼女)らは、フリースタイルだけでなく、スラ、ワイルドと活躍です。2足のわらじでよく頑張りますね。
国体を見に行ったということは九州の方でしょうか?
さて、バックデックロールですが、途中と止まってしまうということですが、実際に目の前で見てないので、アドバイスは難しいですが、
上体のひねりが艇のローリングへと変換されます。もしかしたら、まだ上体のひねりが足りないのかもしれませんね。体を前に持っていくという表現からすると、スターンデッキに上体が着いた状態で止まっている気がしますが、そこから前傾ではロールはあがりません。前に持っていくよりは、やはり、ひねる動きです。川底方向にブレスして、カヤック(腰)を一気にひねり起こすイメージです。これは、浅瀬や陸上でも試せるので、やってみてはどうでしょう。
Commented by グラビティ後藤 at 2008-09-30 01:01 x
>たびさんさん
横レス、失礼します。
バックデッキロールは、後半の腰の返しがキモです。
遠浅の岸で、パドルなしで艇を回す練習をするといいですよ。

大体の場合、スターンが頭の後ろを通過するところで腰の回転が止まってしまいやすいです。
最後まで回す意識をもつといいです。
それと、普通のロールと一緒ですが、フィニッシュで頭を下げて腰を返す、を意識するといいです。
Commented by たびさん at 2008-10-25 21:15 x
こんばんは。
お二人のアドバイスを何度も読んで実践しました!でもやっぱりだめです。もうちょっとという感じですが、なかなかうまくいきません。
東京に近かったら後藤さんのレッスンを受けてみたいのですが、大分からだとちょっと遠くて。機会があればぜひお願いします。
次回のPlayboating@jpも楽しみにしています!
by playboating | 2008-09-25 23:39 | 記事内容 | Comments(4)