playboating@jp

カテゴリ:遊び( 57 )




帰省

この間の週末は、時間もできたので、急に思い立って長良川に行ってきた。
どうしてもホールでスクォートを試してみたかった。
ワールドの会場はホールミステリーなので、その練習が必要だからだ。
場所はこんの。ここに来ると、遠征というより、帰ってきたという感覚。20代の時はここで漕ぎまくりましたからね。懐かしいです。
さて、実際にはホールは難しくて、ほとんど何も出来なかった・・・。
まあ、最後の方にようやくミステリー出来るようになりましたが。ここで得た課題を、今後の練習に繋げていきます。

c0121102_23593385.jpg
長良は僕の第2の故郷。ここは、帰ってきたという感じで落ち着く。

c0121102_2359411.jpg
行きに別な場所の下見も。降下のレポートもある川なのですが、シーブがあちこちにありました。ここ本当に下れるのか?水量のせいもあるのかな。もしかしたら、もっと上流区間なのかもしれない。
[PR]



by playboating | 2013-06-04 00:04 | 遊び | Comments(0)

長野遠征

先日、長野でダウンリバーしてきた。
犀川の支流になるが、この雪解け時期が楽しいらしい。
メンバーはグラのイントラ・マツとウクディのイントラ・アキ、それにpb誌の日本の川と路線で登場するMの4人。各社のイントラが3人という面白い顔合わせでした。
川はリバーラン中心ながら、フリースタイルボートでも大丈夫で、それなりにスポットがあるという。しかし、当日は前々日の雪で気温が下がり、逆に水量が減ってしまったとのこと。ベストなスポットはなかったです。それでもダウンリバーは十分に堪能できました。
また行ってみたいと思う川です。

c0121102_18114666.jpg
珍しい?メンバー構成で、新鮮で楽しかったです。

c0121102_18114989.jpg
スポットで遊ぶマツ。スポットはリエントリーも簡単でベスト水位ならもっと遊べそうだった。

c0121102_18122174.jpg
核心部の最後のドロップに向かうマツ。

c0121102_18124082.jpg
こちらは核心部の中盤あたり。

c0121102_1813188.jpg
最後のドロップ、岩に乗り上げながら落ちた。水量が多い方がラインは簡単だとのこと。
[PR]



by playboating | 2013-04-25 18:21 | 遊び | Comments(0)

夏休み

先日、週末だけどスクールの合間があって、家族で長瀞へ出かけた。
家族4人で亀岩から岩畳船着き場までダウンリバー。(ちょー短か!)
とは言っても、子供はまだ小さいので、ほとんど泳いで遊びです。だけど、こういう遊びって、楽しいです。岩畳は浅い部分があるので、そこで何度も流されて泳いだり、滝のぼりや、水中観察したり。
ちなみに小滝はさすがに家族は無理なので、自分が3艇分下りました。けどそのうち、1回はダッキーで上の娘を乗っけて下った。怖がるかと思ったけど、意外や面白かったもよう。
c0121102_10161216.jpg
まずは、亀岩でちょっと練習。娘は今年初カヤックだったけど、ちゃんと漕げていた。

c0121102_10175553.jpg
岩畳では、こうやって流れて遊ぶ。水中メガネは必須ですよ。

c0121102_10192969.jpg
ちょっと滝のぼりも。

c0121102_10205339.jpg
最後は娘2人だけで漕がしてみた。

c0121102_10214392.jpg
ダッキーからダイブ。飛び込みは子供に人気だね。


お昼を勉強屋で食べた後は、場所を移動してまた川遊び。
c0121102_10273221.jpg
長瀞の支流になりますが、ここは地元でないとわからないスポット。こんな面白い場所、多くの人に来て欲しいけど、駐車場がないからなー。
c0121102_10232223.jpg
滝の滑り台があって、スライダー。このあと、水中に潜って、それがまた面白い。

c0121102_10252369.jpg


c0121102_1026994.jpg
ここでも、ダイブ、ダイブ。
[PR]



by playboating | 2012-08-08 10:29 | 遊び | Comments(2)

シュノーケル三昧から

4月の頭は家族旅行で沖縄・宮古島に行っていた。
宮古島は3回目、沖縄の中でもお気に入りの島です。
もちろん、目的は泳ぎまくること。心配だった天気もまずまずで、十分にシュノーケルを楽しめたました。(この間、本州は台風並みの嵐で、行き帰りに当たらなくてよかった。)

しかし、埼玉に帰ってくると寒い・・・。 長瀞では雪もちらつきました。
数日前のことが夢のよう・・・。 何が本当なのか分からなくなる。
現実として目の前にあるのは大量の編集材料・・・。
睡眠不足の1週間が始まるな。

宮古島旅行1日目・伊良部島、中の島
ここは以前は隠れスポットだったが、今は観光マップにも載っています。
駐車場がないから、あまり多くの人は訪れないが、ツアーでは人気の場所。
入り江になっていて波が立たないので、子供でも安心。人気のクマノミも簡単に見れる。
サンゴの種類が多かったです。
c0121102_9373977.jpg


c0121102_938429.jpg


2日目・イムギャーマリンガーデン
ここは宮古島の南にある入り江で、観光マップには載っているが、ショノーケルポイントとしては、あまり有名ではないみたい。この日は強風で、外海は荒れているが、このポイントだけは穏やか。
人気のないスポットだから、サンゴは少ないのかな?と思ったが、いやいやシコロサンゴの大群落でした。ここも波が入ってこないので、泳ぎやすい。
c0121102_9441098.jpg


c0121102_9443947.jpg
シコロサンゴの群落。ちょっと渋めかな。しかし自分のこの雰囲気も好きです。

3日目・池間島、フナクス
ここは観光マップには紹介されない隠れた名所。調べないと、ここにはたどり着けないでしょう。ビーチから歩いていけるほどの深さにスギノキミドリイシの大群落が。外海に面しているので、風向きによっては波が立つ。
c0121102_951559.jpg


c0121102_9524087.jpg


c0121102_9533673.jpg
子供もシュノーケルが上手くなってきました。

最終日は沖縄本土でちょっと観光。さんご畑を見学してきました。
このさんご畑は、沖縄の失った環境を取り戻すべく、サンゴを養殖して、海に放流している施設です。写真はさんご畑での水中撮影です。
c0121102_105185.jpg

以前に自分もここを利用してサンゴの植栽をして貰いました。
自然の中で遊ぶのは楽しいけど、人がその中に入ると少なからずダメージがあるのも事実。(多少のダメージなら、自然の持つ回復力の方が大きいかとも思うけど。)
カヤックも素晴らしいゲレンデがあってこその楽しさ。
ずっとずっと楽しめるようにしていきたいです。
[PR]



by playboating | 2012-04-08 10:09 | 遊び | Comments(0)

もろもろと

Vol33すでに発売になっています。
各カヤックショップで購入可能です!

さて、編集作業も終わり、実は先週に伊豆へと家族旅行に行ってきた。
場所は昨年も行ったヒリゾ海岸
以前は隠れスポットらしかったが、今では有名スポットですね。

ここでは、熱帯魚はもちろん、本州ではなかなか見れないサンゴも観察できます。
イボヤギや、アワサンゴ、ハマサンゴ、ミドリイシ、サンゴイソギンチャクなど・・・。
サンゴのことを知っている人なら、これらが本州で見れるなんて感動だと思います。

自分はシュノーケリング三昧でとっても満足。
いや、ホントはまだもっと泳いでいたかったかな。
天気が曇りだったので、家族の皆は寒かったようなので、半日であがったが、
自分は1日中でも潜っていたい。
このショノーケルの気持ち良さはなんだろう?
海の景色の素晴らしいもあるだろうが、スクォートのミステリーといい、
呼吸法になにか秘密があるのかもしれない。

c0121102_22181726.jpg
1日目は西伊豆で、海水浴。子供達も泳ぎまくって、大喜び。
実はこの海岸には温泉が湧き出ていて、寒くなったら、そのままお風呂にも入れる。
曇りの天気でも十分に遊べる場所でした。

c0121102_22202511.jpg
ちょっとピンボケだけど、ヒリゾのアワサンゴ群落。青いカイメンもありました。

c0121102_22212840.jpg
こちらはサンゴイソギンチャク。クマノミが共生していたら、もっと話題になるだろうね。


動画もちょっと



と、楽しい話題でしたが、
7月最後の週末には、川で事故も起きているようです。
カヤッカーも無関係ではありません。
自分は詳細を知らないので、内容に関しては述べませんが、
右のリンクにあるブログ(熱血オヤジの独り言DSコラム)で、直接関係した方もいます。
人ごとではなく、自分の身の回りのことだと思って、注意したいと思います。
[PR]



by playboating | 2011-08-02 22:30 | 遊び | Comments(0)

飛騨旅路

c0121102_22142376.jpg
ここでも紹介されていますが、1週間前に岐阜の高山に行ってきました。
宮川?飛騨川?の支流になるのか?丹生川町の小八賀川という清流です。
埼玉からは、長野の安房峠を越え、穂高の山に行ってきたという感じです。

初めての川はいつもワクワク、ドキドキ。
源流部に近い感じで、傾斜もそれなりです。
川岸は木々が覆いかぶさり、うっそうとした雰囲気。
森のトンネルを抜けるような感じでした。
難易度が高い!というほどではありませんが、
ずっと瀬の連続で、休む間もない。
次々と現れる瀬に、どこを通るかルートを探る。
ドロップを避けたり、反対にわざと落ち込みにつっこんだり、ブッフを楽しんだり・・・。
一瞬で判断をして下っていく、スピードあるリバーランニングが自分は好き。

自分のお気に入りの川がまた1つ増えました。
c0121102_22145564.jpg

案内してくれたM。最初に一人で下ったときはかなりドキドキだったそうな。

c0121102_22165474.jpg
核心部を下るO内君。ちょっと構図がずれてたなー。

c0121102_22182952.jpg
支流というか、滝のような流れ込みがいっぱいあった。
マイナスイオンたっぷりです。この写真は0内君に貰った。

c0121102_2222184.jpg

これも撮ってもらった写真。
こういうダウンリバーって、なかなか自分も写真がないんだよね。
だけど、水が冷たいから、レンズが曇って撮影はけっこう難しい。


最後に動画も1つ。
特に核心部でもないのだけど、多くはこんな感じでパチンコ玉のように下っていく。

いい写真もいくつか撮れたので、本誌でもレポートしようかなと思います。
[PR]



by playboating | 2011-05-30 22:25 | 遊び | Comments(2)

体幹トレーニング

c0121102_1051665.jpg
1月に入り、長瀞はだいぶ冷えてきています。
水たまりが凍っているのは当たり前ですが、川岸の壁にはつららもみれます。
つらい時期にはなってきましたが、川の上にも出てますよ。

けど、先日はスラックラインの練習。
この日は、上手な方にコツを教えて頂きました。
レベル的にはまだまだですが、何が大事なのか?がわかった?
動かすところ、動かさないところがある。
動かすところは、腕や(離している)足でバランスをとる。
動かさないところは、体幹。
これって、カヤックと一緒じゃないですか!
軸を固定して漕ぐ。

体幹トレーニングにいいのではないか?と買ったこの道具ですが、
軸を鍛えるのによさそうですね。
昨年のサッカーワールドカップで、長友選手がしきりに体幹を唱えていて、
それ以来、ちょっとアンテナを張っているのですが、本誌の企画にも取り入れてみようかなとも思っています。
[PR]



by playboating | 2011-01-11 10:16 | 遊び | Comments(0)

買っちゃった

最近、購入をずっと考えていたのだが、ついに買っちゃいました。

c0121102_11591718.jpg


まずはお試し。
レポートできるほどの腕前になったら、またアップします。
[PR]



by playboating | 2010-11-24 12:00 | 遊び | Comments(0)

今日はロングで

c0121102_120416.jpg

今日はロングで樋口までダウンリバーした。
メンバーも一緒に漕ぐのは久しぶりの仲間。
天気は快晴です。ずっと天気いいですね。
しかし、風強し。
と言っても、別に寒くない。風で落ち葉が舞う、舞う。
これもけっこうきれいでしたね。
落ち葉と一緒に川旅です。

水量は25tくらい。
自分はあまり技が出せないが、さくらウェーブもいい感じ。
樋口まで下るのは自分も久しぶりでしたが、遊べるとこもありましたよ。
洗濯機はカートOK。この水量ならまだ大丈夫、底には当たらなかったです。
樋口キャンプ場の下ではウェーブとホールが。
ウェーブは暴れていて、いまいちでしたが、ホールはいい感じみたい。
みたいというのは、遊ばなかったから。
それなりに引き込みは強そうだったけど、下流は瀞場なので安心。
カートの練習にはよさそうでした。
今度、もう一度行ってみたい。

c0121102_1294336.jpg
洗濯機の瀬。ちょっと出やすいけど、カートOK。もうちょっと水が多い方がいいかな。

c0121102_12102585.jpg
樋口、旧S字の瀬の下のウェーブ。見た目だけだと良さそう。
けど、実際にはいまひとつ。

c0121102_12113459.jpg
岩畳も少し色づいています。
紅葉もあと2週間後くらいがベストかな?
[PR]



by playboating | 2010-11-10 12:12 | 遊び | Comments(2)

秋晴れ長瀞

c0121102_22101269.jpg

ここんとこ、気持ちのいい秋晴れが続いています。
先日の台風で、水もまだまだ十分。
そろそろ冬シーズンにも突入か?という季節ですが、暖かい日差しと多めの水量で、長瀞もカヤッカーいっぱいでした。
自分は、この日は秩父からダウンリバー。
前半は、のんびりしたコース。
普段はあまり下らない区間なので、景気も新鮮も気持ちいい。
長瀞まで下ってくると、スピンホールとさくらウェーブは多賑わい。

こんな珍しい光景も
c0121102_22171796.jpg
懐かしい人、懐かしいボート、それに懐かしい技(カート)。

c0121102_22182163.jpg
これはラフトではありません。インフレータブルのオープンカヌー?2艇に見えなくもないけど、写真の前から後ろまでつながった1つのボートです。確か10人乗りくらい。こんなので下るのも面白ろそう。

c0121102_22203642.jpg
小滝では写真を撮ってもらおうと、わざとホールでブレーキをかけたら、見事にバックエンダー!

寒さを感じないカヌー日和な1日でした。
[PR]



by playboating | 2010-11-08 22:24 | 遊び | Comments(0)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル