playboating@jp

カテゴリ:スクール( 10 )




after

c0121102_22375778.jpg


長瀞のスクールベースですが、ウッドデッキを作った。
塗装1日、組み立て2日で完成です。
これまでは、下は砂利だったので、ギア庫にベンチがあるだけで、
ただの小屋にしか見えなかったが、これで、受付らしくなったかな。

ここにPLAYBOAINGや写真とかも置いて、
スクールの後とかに、見れるようにしたい。
(もちろん、スクールに入らなくても見れますが)

少しは「営業してますよ!」ってアピールしないとね。
[PR]



by playboating | 2011-02-22 22:45 | スクール | Comments(0)

Before

c0121102_991551.jpg

[PR]



by playboating | 2011-02-21 09:09 | スクール | Comments(0)

色づいてきた

c0121102_18125437.jpg

平日スクール。ビギナーの方で、この日、カヤックが3回目になります。
当然ですが、最初は真っすぐ進まなかったカヤックもだいぶ真っすぐ進むようになりました。
リバーカヤックで、最初の壁というか難しいのが、カヤックを自分の思うところに進めること。回転性がいいので、なかなか真っすぐ進んでくれません。
レクレーション艇とか簡単なボートもありますので、初めての人でも十分カヤックは楽しめるのだけど、スクールで使用しているのは、ホワイトウォーターを前提にしている艇。なので、ちょっとスタートが難しく感じますね。
この日は、水をキャッチする感覚や、効率的な体の使い方を中心に講習をしました。
キャッチがわかってくると、ボートコントロールも容易になってきますね。

さて、長瀞は気温も下がり、紅葉がいっきに進んできました。
養浩亭横の林もこんなです。
c0121102_18243978.jpg
この林、現在は夜間、ライトアップされているのですが、いつのまにか「もみじ公園」と呼ばれるようになっていました。いつから公園になったのでしょう?
観光協会もあの手この手です。

これは別な日なのですが、荒川上流の視察にも行ってきました。
こちらはすでに紅葉がいい感じでした。
c0121102_18283722.jpg
水があると、それなりに難易度の高い区間なのですが、下るにはもう少し水が欲しいかな。
写真はないですが、山を越えて、さらに隣県の川へ。
ここは思ったより水があった。これなら下れる。
近いうちに紅葉ツアーと称し、行ってみよう。
[PR]



by playboating | 2010-11-17 18:33 | スクール | Comments(0)

秋空

c0121102_21424145.jpg
夏から急に秋となりましたね。木、金曜日は10月下旬の気温だったそうな。
寒かったですね。冷房からいっきに暖房です。

しかし、週末には天気も回復して透き通った空に。
本日はダッキーツアー。
朝は曇り空でしたが、ツーリングがスタートした頃には、上記の写真ような真っ青に。
スプラッシュが気持ちよかったです。
でもさすがに水温も低くなってきた。
ちゃんとしたウェアがないとそろそろダッキーはつらいかな。


さて、遅れているスクォートギャザーのレポートをちょっと。
今回はアメリカからジムを含め11人のミステリーゾンビが来日。
どいつもこいつも、よく潜ります。
けど、これだけいるとスタイルの違いも出てくる。
参考になる題材が多くて、ためになる。
しかし、スクォートは悲しいかな、写真で表現が難しい。
だって、ミステリーしちゃったら、水面しか写ってないんだもん。
水中写真が撮れればいいのだけど、この日は水が濁って(といってもグリーン)水中撮影はできず。
ギリギリのところを掲載します。

c0121102_22121918.jpg
昨年のミステリーチャンプ(名前は忘れた)。なぜか、彼は普通のエリシャツを着てスクォートに乗ります。しかも、この時ノーヘルだから、ただの溺れている人にしか見えない。

c0121102_21574666.jpg
さらに潜ったところ。
手だけ出してアピールして、かっこ良く見えなくもないが、
もうだめ!と、助けを求めているようにも見える。

c0121102_21594859.jpg
こちらはミステリー直前の目だけが出ているところ。
水面から浜辺にいるビキニねーちゃんを覗いている人に見えなくもない。


夜は恒例のオークション。
これは大盛り上がり。外人達も大喜びだった。
しかし、事実は雑誌で報告できるような代物ではない…。
いや、このブログでも一部だけしかお見せできない。
これは、参加した者だけに許された狂喜の時間。
c0121102_2243926.jpg

これはなぜか、日米対抗柔道と発展していった一コマ。
この程度ならまだお見せできますね。

さあ、来年は君も札束握りしめて参加しよう!
[PR]



by playboating | 2010-09-25 22:13 | スクール | Comments(0)

ダッキー2本

連休中日は、ダッキーツアーの午前、午後とダブルヘッダー。
ダッキーの場合、ボートを膨らませないといけないし、
ダウンリバーなので、当然、回送も必要。
けっこう、準備や後片付けは大変なのです。
しかし、ダッキーは素晴らしい!
カヤック初めてという人でも長瀞を下れちゃうのだ。
この日は水量も少なかったので、小滝にも挑戦。
小滝上の瀞場で、まず、パドリングの練習するのだが、それができたら、いきなり最初の流水が小滝なわけだ。
パドルを初めて握って、30分後くらいには小滝に挑戦。
自分でも大丈夫かな?とちょっと心配だが、
そんな心配もよそに、参加の6人とも無事クリアー!
(ルートはコントロールできてなかったけどね)
もしこれが、リバーカヤックならさすがに無理だろう。
いや、ダッキーの力って素晴らしい。
その後も下っていくうちに、だんだんとパドリングにも慣れていき、コントロールも上達していきます。
参加の皆さん、川下りの楽しみを十分に味わってもらえたようです。
c0121102_1850747.jpg
写真は、他のダッキーツーリングの人達とも一緒になって、大集団に。
(瀬では写真を撮れてないのが残念)
この日は、他にもツーリングの人でいっぱいでした。

午後は、自艇ダッキー参加の方。
長良川、利根川(月夜野あたり)も下ったことがあるというつわものです。
レベル的にはやさしい長瀞でも渇水気味の本日は、岩が多くダッキーには別な要素で難し面もある。
コースは皆野から樋口までとロングコース。
しかし、経験者だけにレベルは全く問題なかったです。
上がって車の回送が終わった頃には日が暮れていました。
ダッキーで1日2本も下るのは自分でも初めて。
しかも、今週は週中でダッキーの取材が2本もある。
なんてダッキーづいているんだ??
c0121102_1943760.jpg

写真は途中で遭遇した鷹?それなりに大きかったです。
水鳥はよく見かけるけど、猛禽類は珍しいです。
[PR]



by playboating | 2010-09-20 19:09 | スクール | Comments(0)

家族でカヤック体験

3連休、遠征のカヤッカーも多いでしょう。
自分はスクールです。
c0121102_2053712.jpg
今日は親子4人、家族でカヤック体験です。
お子さんは、小学5年と2年生の男の子。
小学2年生では、まだ難しいかな?と思ったが、けっこういける。
体力や体格で大変な面もあるが、
やっぱり、センスみたいなところは大人よりもむしろいいくらい。
しかし、この年齢はいろんな興味が湧く年頃。
カヤックも楽しんでいたけど、魚や虫に心を奪われる。
もちろん、それでいいんです。
魚や川虫の居場所を教える。
それが川遊びですから。
(私自身、潜るのは大好きですからね。)

おっと、潜るといえば、スクォート。
前のブログでも紹介した通り、先週末はスクォートギャザーでした。
もちろん参加、楽しんできましたが、
写真が大量にあって、まだ整理ができず、ブログへのアップも遅れています。
レポートは遅れますが、これから少しづつアップしようかな?
c0121102_2056653.jpg

[PR]



by playboating | 2010-09-18 21:00 | スクール | Comments(0)

静水スクール

c0121102_10505143.jpg
今日は午前は午後と静水でスクール。
午前はまったくのビギナーで女性2名。
カナダの湖に浮かぶカヌーに憧れてやってみたいと思ったそうな。
長瀞だとちょっとイメージが違うかな…。
しかし、スポーツが好きな方でしたので、怖がりながらもアグレッシブに楽しで貰えたようです。

午後は静水フリースタイル。
静水フリースタイルは初めてという方の参加です。
初めてなので、バウストールを目指します。
まずはリーニングやダブルポンプの練習から。
基本がある程度は出来ている方で、すぐにステップを進んでいける。
完全にとまではいかないが、ボートを立たせるのは出来るようになった。
(シート位置の関係とかもあって、バウよりもスターンがよく刺さるのですが。)
あとは、体重移動や、エッジの切り返しができるようになれば、
カートへとつながっていくでしょう。
ボートを刺すには、いかに抵抗を少なくするかが重要。
スライスする角度、刺す深さを考えながら練習するといいと思います。
[PR]



by playboating | 2010-09-06 10:56 | スクール | Comments(0)

お盆盛況

お盆ウィークが終わりました。
期間天候も良く、多くの人が充実したパドリングができたのでしょう。
さて、自分は今年から始めたスクールは、まだまだ暇な領域ですが、
さすがにお盆は連日出撃でした。
長瀞もカヤッカーだけでなく、観光の人、人、人で大賑わい。
川岸は、バーベキューに、水着のオネーサマ、外国人エリアと果たしてカヤックに適しているのか?と思いたくなるなんとも怪しい雰囲気です。
この長瀞では、思い思いにいろんな人が水遊びを楽しんでいます。

c0121102_14113952.jpg
スクールでは中高生の団体もあったのだけど、いや、若いってのは凄い。
人(僕)の話は聞かないが、カヤックに関しては教えなくても勝手に上手くなっていく・・・。
理屈はいらない、体で勝手に覚えるっていいなと思った。
怖いもの知らずなので、川下りにも挑戦させた。
もちろん、沈もするのだが、そんなのもおかまいなし。
レスキューの人(長瀞パドラーの人にお手伝いして頂きました)は大変だが、
本人らは大満足だったようだ。この体験をもとに、この中からちゃんとカヤックをやってみたいという若者が出てくるといいな。

c0121102_14111851.jpg
お盆最終日にはダッキーツアーもやってみた。
こちらには虫に「キャー」と逃げまどう女子高生も参加。
カヤックやらせて大丈夫なのか・・・と心配だが、そんなのも杞憂。
アグレッシブにホワイトウォーターを楽しんでいた。
始めてでも川下りできちゃうダッキー。
けっこう使える乗り物だと思った。
[PR]



by playboating | 2010-08-17 14:13 | スクール | Comments(0)

長瀞紅葉

c0121102_18565668.jpg
ブログがずっと更新されてなかった・・・。
11月になって、仕事も落ち着いて、時間的余裕はあるのだが、
漕ぎに行ってない。それで、ネタも少ない・・・というわけなのだが。
で、先日は、長瀞でスクールを行った。
長瀞はすっかり紅葉して、今がみどころです。
トップの写真は長瀞ですが、スクールの時ではないです。
(スクールがこんなに盛況だったらすごい)
スクールの時はカメラを忘れたので、写真ないんです・・・。
写真は大宮のショップ「ぱどる」の試乗会での草大会です。
この日はしょぼいさくらホールも大盛り上がりでした。
ここんとこ天気のいい日が続いていたので、パドリングもさほど寒くないですが、ちょっと陰ると寒いですね。下の写真の黄色い点々は、ノイズではありません。
c0121102_1932766.jpg
すべて落ち葉です。風が吹くと空一面に葉っぱが舞ってきれいでしたが、
写真でみると寒いですね。 長瀞の近況報告でした。

その他にもいい写真が撮れたので、ちょっとアップです。
c0121102_1951799.jpg

c0121102_1953462.jpg


実は1月には、ある手術を予定していて漕げなくなります。
なので、12月に漕ぎだめするぞ!
[PR]



by playboating | 2007-11-27 19:08 | スクール | Comments(0)

御岳講習

先日の日曜は久々にスクールを行った。
講習生は女性3人(若くはない)だが、
カートができたり、できなかったりというレベル。

今回のテーマは、「水の流れを受けてカートをすること。」
カートホイール1つ行うにしても、多くのチェックポイントがある。
バウの挿す位置、
ボートの傾け、
体の先行、
視線・・・、と様々だ。
それらをすべて意識して行うことは不可能である。
しかし、それらは総合的な事だから、カートをやるにあたって、1から学ぶ必要はない。
例えば、体の先行動作はスピンと同じで、スピンができるレベルであれば、すでに身に付いているはずである。

すでに3人はカートの動きはだいたいできている。
それゆえに自分の力で挿そうとばかりする癖があるようだ。
そこで、もっと水の流れを利用しようというわけだ。
そのためには「水の力を感じとる」ことが必要だ。
先にも書いたように意識できることは1つだけ。
その練習として、とにかくバウに水を当てることに集中してプレイするように指示する。
しかし、すべてをうまくやろうという気持ちが働くのか、
ブレスの仕方など、他のことも気になるようだ。
僕の意図はあまり伝わらなかったようだ。
何が大切なのか、伝える難しさを感じる。講習も簡単ではない。
練習で集中力は大事。
何に集中すれば良いか、もっと効果的な方法を僕も考えていかなかればと思った。
c0121102_20273493.jpg

写真はちょうどバウを挿すところだが、この瞬間だけを見るとかなりいい感じ。
このあと、きれに回転しそうに見える。
体のひねりもあり、姿勢もいい。
水を受ける感じもある程度、掴んでいるようだ。
このあとの、水を受ける角度とスライスしていく角度が少しずれているのかな。


c0121102_21404555.jpg

こちらも、写真ではいい感じに見える。
ちょっと前傾ぎみで、体重で押し込もうという気持ちが見れる。
押し込むのではなく、水を拾う感覚が掴めればいいのだか。
[PR]



by playboating | 2007-06-06 21:53 | スクール | Comments(5)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧