playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

発売まもなく・・・

PLAYBOATING@JP Vol18の発売がまもなくです!
ちなみの今号の表紙はこちら!
c0121102_23594177.jpg

場所はパタゴニアのとある川です。
おそらく店頭に並ぶのは早くて11月2日。3、4日には置いてあるはずです。
実は、今日、東京のICI石井スポーツで、店員の大内君と話しをしていたら、
タイムリーにプレイボーティングは発売はいつですか?と問い合わせの電話が・・・。
いやー、発売を楽しみにしてくれている読者がいるなんて、嬉しいかぎりです。

今号の特集はTEVAマウンテンゲーム。
続いて、中部大会を筆頭に、多摩川リバーゲーム、早岐スプラッシュロデオ、
北海道のTGRカップと大会レポートが続きます。
中カラーでは、投稿でパタゴニア、チリと南米のビッグウォーターです。
その後は、連載ものが続いて、終盤にはトリックインストラクションも。
これは、エアースクリューとループ&エアーループ。
ループは松永カズヤ君が、一所懸命考えて、詳しく書いてくれています。
その他にも、インタビューなど、いくつか・・・。

で、特集のTEVAはこんな感じ。
c0121102_073476.jpg

前にもこのブログで書いたけど、出場したエスパーとむむに原稿を
お願いしました。
特にエスパーの日記は長いです。涙と笑いのカヤック日記です。
これで、半分くらいはカットされています。
ノーカット版をこのブログで紹介したいくらいです。
ご存知の方も多いでしょうが、エスパーは日本のトップライダー。
昨年のワールドカップにも出場している。
ここまで登りつめてくる人間は、それなりにカヤックに人生かけている。
(それなりにといったら失礼かも。実際にはかなりなのだと思う)
エスパーも当然、その中の一人で、カヌーバカと言える人間だ。
で、最近はそれに親バカも加わったようだ。
バカは、なかなか1つのことしか集中できない。
これは、最近、子供との時間が貴重であると感じている自分にも、
ちょっとした悩みの種なのだ。
ほんと、家庭とカヤックを両立している方は立派ですよ。
この記事で、TEVAゲームと一緒に、
そんなエスパーの人間味も感じてもらえたと思います。
[PR]
by playboating | 2007-10-30 00:29 | その他 | Comments(1)

ジャジ三昧

自分のブログを見るのも久しぶり。
10月の忙しさはまだまだ続いていたが、やっと一段楽です。
c0121102_22155378.jpg

で先日の日曜日は長良でスピリットカップのジャッジ。
その前の週は九十九里でオーシャンロデオのジャッジだった。
そのスピリットカップではジャッジだけでなく、選手としても参加させてもらった。
ちなみに、上の写真は僕ではありません。松岡君です。
水しぶきが、かっこよかったので使ってみました。
スピリットカップは総勢約50名のエントリー。
1ショップの主催で、ここまで人数が集まるのはすごい。
近年は、JFKAサーキットの参加人数が減っていると言われている中で、
ローカル大会は逆に、盛り上がってきている。
大会の趣旨の違いはあるかもしれないが、
こうして、多くのフリースタイルパドラーが楽しめるイベントがあることはいい事だ。
これもひとえに、スピリット・ヨシ君の努力と人柄だと思う。
それと、スピリットに集まるパドラーもいい人ばっかりだ。

スピリットカップには、トップパドラーから、ビギナーまでが参加している。
ビギナーでも、トップの選手と混じって一緒にプレイできるこの大会は、とても意義があると思う。今回参加したビギナーの方達も、いずれはエキスパートクラスを目指して頑張るのだろう。
そして、エキスパートクラスのルールは、ワールドのフォーマットを使用しているのも面白い。いまだにJFKAは、世界のルールを取り込めないでいるのに、ショップがそれを先がけて採用しているのだから立派だ。
優勝は、カズヤ。で2位小森、3位松岡プロと、JFKAのサーキットと変わらないメンバー。自分も予選は彼らに続く5位だった。おやっ?まだ捨てたもんじゃないか?
でも、準決勝は、体力がなくなったか?ほとんど点数でなかったです。
いやー、試合ということで、久しぶりに力入って漕いだ。
ちょっと、体痛いです。

スピリットカップは恒例?仮装大賞にもなっている。
c0121102_22471617.jpg
これはアメリカ大統領。演じてるのは小森君だ。
c0121102_224757100.jpg
うさぎちゃんもいる。これも同じく関東のあの人だ。
c0121102_22485369.jpg
MVPはムシ君。いや、池田さんです。
c0121102_22502542.jpg
全員集合で記念撮影。スタッフを含め、たくさんの方が集まった。
c0121102_22504270.jpg
ついでに1週前に行われたオーシャンフリースタイルの集合写真。
これも寒かったけど、楽しかった。
(個人的には、ジャッジの八木ちゃんと山本さんとの雑談が楽しかった)

そして、来週末は富山・井田川の全日本選手権に行ってきます。
(もちろんジャッジです。最近は、すっかりジャッジが板についてしまった・・・・。)
[PR]
by playboating | 2007-10-23 22:59 | 取材 | Comments(0)

人気記事は?

世の中は3連休ですが、僕は最後の追い込みです。
思えば、夏休みの宿題も終わり3日間で、嘆いていた。
夏休み最初にはちゃんと計画を立てるんですけどねー。
目の前に、楽しい事があると、どうもそっちにいっちゃう。

そんなで、原稿を書いているのですが、読者からのハガキアンケートを紹介。
毎号送ってくれる常連さんもいるのですが、いろんな方の意見を聞けて僕も楽しみにしています。
プレゼントの当選確率も高いですからね。ただ、メッセージが書いてないと確立は低くなりますよ。
で、やはり最も気になるのは、
面白かった記事は?と、つまらなかった記事は?という質問。
前号はどうだったでしょうか?
「面白かった」で、一番多かったのは、グラビティの後藤さん投稿の
オッターバー、カヌースクール体験記。
かなりの人が投票してくれてました。
海外の記事で、情報として興味あるところだし、後藤さんの投稿ということで、
身近に感じれたのかな。僕も読んで、行ってみたいと思ったしね。
次に多かったのは世界選手権レポート。

おまけで書くと、にいつも一番人気なのは、八木君の「始めの1歩」。
さすがに今回は少なかったですけどね。いつも忙しい中でレポート書いてくれて、ありがたいです。
次回のはネタは決まっていると自信ありげに言ってたので、
期待できそうな内容です。
ちなみにまだ次号のレポートはまだ届いておりません。
おそらく、今も寝ないで書いているのでしょう。

で、「つまらない」の1番は「リバーランニングテクニック」
つい、先日も取材したばかりなのですが・・・。
まあしかし、これは表題にもあるようにビギナー対象ですから、
ベテランにとっては、つまらないのは当然です。
コアな雑誌ですが、初心者がもっと、プレイボートにも入れるようにとも
考慮しているので、ご理解を。

ちなみ次号の特集はアメリカで行われたTEVAマウンテンゲームです。
エスパーのレポートが笑えます。彼のカヤックに対する思いも伝わってきます。
こう御期待!

写真はTEVAマンテンゲームから
c0121102_1504033.jpg

c0121102_1505428.jpg

c0121102_15197.jpg
こんな感じです。楽しみに。
[PR]
by playboating | 2007-10-08 01:55 | その他 | Comments(1)

レスキュー編

長い間、ブログを更新をできなかった。いや、さぼっていたと反省。
前回、予告していた通り、地獄の忙しさで仕事をしていたつもり・・・。
今日は、やっと少し余裕ができました。
c0121102_16114874.jpg

で、昨日は長瀞の撮影に行ってきた。
長瀞は今、彼岸花がいっぱいに咲き誇っていた。
季節の変わり目にきっちり咲く彼岸花。
彼岸花を見ると、すっかり秋なんだなと思う。
そして、冬ももうすぐだ。ついこの間まで、夏だった気がしたのに。
先週は沖縄で、夏休みを満喫したし。
(沖縄はとてもよかったです。後ほど写真アップしようかな)

この日の長瀞は、水量30tくらい。まだまだ大雨の影響が残っている。
そして、この間の台風でスピンホールは消滅したそうだ。
僕は個人的には、ここは怖いからあまり遊ばないが、
長瀞としてはとても残念なことだ。水量がよければ、かなりいろんなことが出来るホールだったのに・・・。

で、長瀞に来たのは次回のリバーランニング講座の撮影のためだ。
この企画ではファンテックファンテックに協力してもらっている。
今回はレスキュー編ということで、体力も必要。若手の登場だ。
前編でも登場した金ちゃんと、
ファンテックが最初の就職先という社会人2年目の西やん。
c0121102_16163914.jpg
写真はさくらウェーブで楽しむ金ちゃん。
金ちゃんはカヤックを漕ぐのは7月以来だと。ラフトが忙しかったようだ。
久しぶりのカヤックに、満足感と疲労感を味わっていたようだ。

撮影は、ビギナーのレスキュー講座ということで、沈脱した時の対処法だ。
なので、こんなシーンばっかり。↓
c0121102_16273075.jpg

c0121102_16274619.jpg

c0121102_1628187.jpg
正直、つらい仕事です。
写真がうまく撮れなかったら、再度、チャレンジです。(僕のせいだけど)
彼らは若い。頑張ってもらいましょう。

レスキューの話しですが、ビギナーにとっては当然、あまり経験したくないことでしょう。しかし、初心者なら誰もが通る道。
中には、周りのパドラーに助けてもらうことを申し訳なく思っている人もいる
ようですが、そこはお互いさま、いつ自分がなるかわかりませんからね。
救いの手は借りましょう。助けることも助けられることも大事です。
次回号ではそんな、セルフレスキューやレスキューのされ方を紹介します。
・・・て、もう締め切りが近いんですが。間に合うのか?
[PR]
by playboating | 2007-10-04 16:46 | 取材 | Comments(0)