playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1週間遅れですが・・・

1週間遅れですが、長良川大会の感想を。
結果は以前にも書いたとおりだが、今回は予選と決勝で水量が違ったので、
その得点と順位も差があった。

予選はしょぼいホールで、大技が出せない状況。
そのな中でもきっちり得点できた八木君と女子はもっちゃんが1位。
女子2位の倉貫さんの戦い方もよかった。

ところが、徐々に水量が増し、決勝に近づくにつれ、スケボーもベスト水位に近づく。
こうなると大技の成功率が高いカズヤとむむが有利。
カズヤはただ一人、マックナスティを成功させ、
むむは男子顔負けのループで優勝。
今年から技の配点が変わったので、大技を得意にしているとかなり有利だ。
c0121102_2294129.jpg
マックナスティを積極的にトライする松永カズヤ選手

相変わらずジャクソンチームが健在だが、
観衆の声援を最も受けていたのはエスパー選手。
ムラサキのボートばかりの中で、ライムのボートが輝いていた。
c0121102_22172967.jpg

ボート選びもそうだが、プレイする場所選びも、自分のスタイルで勝ちたいたいうのが伝わってきた。まだまだ彼には伸びて欲しい。

僕の今回のイチオシ選手はこの人
c0121102_221896.jpg
服部千晴さんです。
フリースタイルは始めたばかりだが、スラロームの経験者だけに基本の漕ぎはできている。しかし、ただ基本がうまいだけでなく、ライディングスタイルがいい。
どうです、この前傾姿勢。
マニュアル的な指導なら、この前傾は×かもしれないが、やっぱり気持ちが現れている。たぶん、彼女は今、相当フリースタイルが面白いんだろうな。

そうそう1週間遅れといえば、本日は、JRCAの大会もありました。
聞いた速報です。
男子
優勝 松永カズヤ
2位 八木達也
3位 松岡良樹
4位 小森信太郎
5位 佐藤正隆
ウェーブはしょぼかったようですが、いつもと変わらない順位ですね。
女子
優勝 石田元子
2位 服部千晴
3位 倉貫葉子
4位 加藤むむ
むむ選手はループが封じられ、苦労したのかな?
もっちゃんはやはり実力者ですね。
チハルさん、早くも時代到来か?

ここにも速報があります
[PR]
by playboating | 2008-06-29 22:34 | 取材 | Comments(0)

江ノ島

長良川大会の翌日はある川へ。
けっこう有名な川ですが、自分は初めてのダウンリバー。
かなり、楽しかったです。その詳細はまた後日。

そして、さらにその翌日はわけあって江ノ島で、シーカヤック。
江ノ島に来るのは何年ぶりだろうか?
以前、イントラをしていた頃に、江ノ島ツアーで何度か来たことがある。
島の東側に港が出来ていて、ちょっと様子が変わっていた。
7月から、海の家がオープンするということで、海の家建設ラッシュでしたね。
もうすぐ夏ですね。すでに水着のおねーさんもいっぱいいましたが・・・。
c0121102_973093.jpg
大宮の「ぱどる」さんから借りたOkinawaⅠ号。
まだテスト艇ですが、ビギナー向けのカヤックでしょうか。
沖の方は波が荒れていたので、近場だけでパドリング。
夕方になると、雲も晴れて、遠くに富士山が。 きれいでしたよ。
c0121102_9103693.jpg


パドリングのあとは、すっかり暗くなり、江ノ島のお店で夕飯。
ここ、昼間は行列ができるほどの人気店でした。
他のお店より、少し奥まった場所にあるせいか、少し安めの設定。
店の雰囲気もいい。
c0121102_913683.jpg
この店名物の石焼とタコのから揚げ。石焼は釜揚げしらすに、いくら、しゃけ、うに。
白いのはご飯ではなく、すべてしらすです。ご飯はタコメシで隠れて見えない。
これはお勧めでしょう。
[PR]
by playboating | 2008-06-26 09:17 | Comments(0)

長良川大会

JFKAのサーキット中部大会のジャッジでした。
速報です。
詳細はまたレポートします。
男子
1位 松永カズヤ
c0121102_15291526.jpg

2位 伊藤健一
c0121102_15295662.jpg

3位 八木達也
c0121102_15304049.jpg

4位 松岡良樹
5位 小森信太郎

女子
1位 加藤むむ
c0121102_15322863.jpg
2位 石田元子c0121102_15325564.jpg

3位 倉貫葉子
4位 服部千春
5位 田中伴恵

開催場所は前夜の雨で、スケボーでした。
土曜のこんのはいい感じだったのだけど、
増水で急遽、スケボーに変更。
金曜まで渇水だったことを考えると、よかったかな。
[PR]
by playboating | 2008-06-22 23:15 | 取材 | Comments(0)

長瀞で取材

c0121102_23321561.jpg
本日も取材。
と言っても、PLAYBOATINGではありません。
今回はカヌーライフの取材なのだ。
いつもは、自分がカメラマン&ライター。
しかし、今日はプロのカメラマンとライターがいる。
つまり、自分は写るだけでいいのだ。あー、なんて楽な取材なんだろう。
雑誌作っていて、一番苦労するのは、文章を書くところ。
自分は一応、カヤックは出来るのだけど、文才はありません。
(なのになぜ、雑誌作っているか不思議。なりゆきですね。)
誰か、文章書いてくれる人いませんか?ライターさん、募集です。

取材内容は、「仲間6人、車2台でカヤック遊びに来ました!」ってもの。
長瀞の勉強屋に由来のある方々に集まってもらいました。
c0121102_2332304.jpg
こんな感じで、車の撮影が進んでいきます。
もちろん、漕いでいるところも撮影しましたよ。
どれだけ、掲載されるか分からないですけどねー。
半分は車宣伝のページなので。

で、取材後は小滝です。
そう、またもや小滝ウェーブにどんぴしゃ水量!
玉淀流入量は45tなので、ちょっと多めな感じですが、バックウォッシュは十分に巻いてよかったです。
この水量なら、小滝はもう大盛況。
この人も今年は小滝、初登場かな?(トップの写真)
c0121102_23381743.jpg
呼び込みの仕事(Vol20のMr.T参照)が忙しい彼も飛んでいます。

相変わらずの早いウェーブで、たいした事はできなかったが、
この流速が、乗っているだけでも楽しい。
まあ、今年はこの小滝ウェーブ、たくさん出そうなので、もっと慣れていろいろ技が出せるよになりたいですね。
[PR]
by playboating | 2008-06-16 23:43 | 取材 | Comments(0)

またまたロール取材

c0121102_11132474.jpg

またロールの取材へ行ってきました。
今度は御岳のここです。
ロールに関してはビデオも発売している有名なところですね。
実は後藤さんは、僕がイントラを始めた頃の先輩。
僕もインストラクションのイロハも教えてもらいもらいました。
あの周囲を魅了する「めぐみスマイル」は、今も健在でした。

今回は生徒役として、加藤編集長
川でプレイボートの乗るのは7年ぶりくらいだとか。
この日のために、ICIでフィッティングも調整してきました。
ロールは大丈夫でしょうかね?

さて、playboatingでロールの特集を組もうと企画してから、
どこにそのインストラクションをお願いしようかと考えた。
評判を聞いたり、実際に見たりしていて、2件のスクールにお願いしたのですが、
とても分かりやすくいい内容でした。
もちろん、ここで紹介していないスクールでも素晴らしいところは多くあります。
(紙面では書けないですが、未だに後ろに反り返るような古いロールを教えているところもありますからねー。型の悪いロールは肩を怪我しますよ。)
しかし、この2件で内容が全く別だったら、どうしよう?
とちょっと心配していたのですが、その心配は杞憂だったようです。
ロールの方法は1つではないし、その人や状況に向いたロールもあるから、いろんな手法があって当然。
なので、別に違う方法を紹介しても、それはそれで、いい記事だったと思うのですが、結果、芯となるところは同じでした。
細かい意識の仕方は表現こそ違うけど、ベースは「体のローテーション」。
僕も、今のショートボートにはこれがベストだと思います。
読者の中には、ロールを勉強中とかスランプの方とかもいらっしょるでしょうから、そんな方の助けになれば嬉しいです。
うまく紙面に表現できるかは心配ですが・・・。
よく分からなかったら、ヒントということで、スクールを受講してくださいね。細かい個人への対応は雑誌では無理ですしね。それが、スクールの良さですから。(って弱気な言葉ですいません。)

c0121102_11442478.jpg
後藤さんの指導のもと、基本を確認する加藤編集長。

c0121102_11451335.jpg
デモンストレーションをしていたのが、いつのまにかマジ講習になった加藤編集長。
テーマは「一人で学べるロール練習」ですから、手取り足取り教えてもらっては、記事になりませんよー!
[PR]
by playboating | 2008-06-14 11:53 | 取材 | Comments(2)

九十九里で

c0121102_23554488.jpg

御岳の翌日は九十九里へ。
天気予報では午前は雨。午後から曇りの予想。
9時にFreeWaveに着くが、予想とおり雨が強くなり、撮影は無理。
ということで、午前はDVDでイメトレ。
それでも止む気配がないので、昼めしを近くの宮崎牛がなんちゃらというお店へ。
宮崎といえば、チキン南蛮!
自分は宮崎料理ではこれが1番好きです。
ちなみに、他の地域でいう南蛮とはちと違います。
それでも雨は止まないので、雨撮影覚悟で、海へ。
着替えを始めたら、雨が上がってくれました。
いや~、やはり自分の普段の行いがいいからかな。
というか天気予報とおりです。午前が雨の段階でついてないし。

で、撮影はリサ十番勝負。今度はサーフカヤックです。
講師には昨年、世界選手権にも出場した大西さん
リサ君も九十九里は家が近いのもあって、サーフカヤックは初めてではない。
ここは大西さんに教えをこいて、サーフカヤック独特のレールを食い込ませるライディングができるようになりたいところ。
そて、その結果はどうでしたでしょう?
中身は次号Vol.21で。


c0121102_0112169.jpg
ホームゲレンデでの取材に今回は余裕のみえるリサ君
(それでも沈脱したら助けて下さいとちょっと弱気)
c0121102_012246.jpg
まずは波の読み方を教わる。
「あの太陽に向かって漕ぐんだ!」とはたぶん言ってない。
c0121102_014882.jpg
いい波は少なかったけど、意外といいライディングできたか?
c0121102_0145650.jpg
もちろん、こんなシーンも。残念ながら沈脱はなしでした。
c0121102_0153327.jpg
こちらは師匠。
ボトムターンから、チューブ気味のウェーブを駆けています。
このレールの切り込ませるライディングがしたい!

自分も、プレイボートでレールを効かしたターンをと思って乗ったのだけど、やはり無理でした。あのスピード感はサーフカヤックならではだなと思う。
もちろん、乗り込んで練習しなきゃダメなんだろうけど。
サーフカヤックも欲しくなっちゃいますねー。

大西さん、リサ君、お疲れ様でした。
でも、二人、漕ぎすぎです。
[PR]
by playboating | 2008-06-12 00:27 | 取材 | Comments(0)

HEROカップ

c0121102_2114822.jpg
今週末も長瀞は水が多い。
しかし、長瀞はおあずけで、この週末は御岳と九十九里へ取材だ。

まず7日は御岳で開催されているHEROカップ。
Playboatingにも連載の八木ちゃん達が、カヤックや御岳を盛り上げようと運営頑張っていた。
エントリーの顔ぶれを見ると、普段御岳で漕いでいる人がほとんどだ。
スラローマーから、フリースタイラー、なんと子供もいっぱいだ。
ローカル色は強いが、なんともアットホームな雰囲気がいい。
まあ、北陸や関西から遠征に来た松○、松○の彼らもいたが・・・。
エントリー数はかるく50名は越えていただろう。
ここを見る限りは、カヤックは盛り上がっているぞ!という感じだ。
c0121102_21112261.jpg

ジュニアの部はこんな感じだ。なんともほほえましい。
そして、要所ではしっかりリカバリーやラダー入れているから感心する。
c0121102_21124428.jpg

成人の部。もっと、泥臭い争いを期待したが、思ったほどのハプニングはなかった?

ちょっと用事があったので、最後まで観戦できなかったが、
御岳をこんなに楽しんでいるパドラーがいっぱいいるんだなと感じた取材でした。
[PR]
by playboating | 2008-06-07 21:20 | 取材 | Comments(0)

勉強屋BBQ

c0121102_1611552.jpg

長良川の後は、伊豆でちょっと仕事。
取材を終えて戻ってきたら、車のメーターはちょうど10万kmを越えた。
新車で買って今月でまる3年。3年で10万km。これってどうなん?
そんなに走ったかなー?
パドリングの回数は減ったと思ったのだが、遠征は多い。
5月だって、千葉、諏訪峡、富山、長良、大阪、伊豆と行ったしなー。
毎年長崎にまで行ってたし・・・。


長良川が僕の第2の故郷とするなら、長瀞は第3の故郷。
一番近いホームゲレンデなのだが、近年はここで漕ぐ回数が少ない。
(だって水少なかったから・・・。)

しかし、今年の長瀞は違う!この週末も40t後半。
ということで、くつなしの洗濯機で漕いできました。
c0121102_16273777.jpg
水量はもうちょい少ない方がベストか?
エディの漕ぎあがりが少し大変でしたね。
ホールは斜めっているので、出されやすい。
右カートなら残るが、一発のループ狙いメインで練習。
後半はバックループも狙うが、どうもカートになってしまう。
(常に右スピンしてないと落ちてしまうので)
ホールはフレンドリーなので楽しいですよ。

そして夕方はチーム勉強屋の結成5周年BBQ。
知らない方に説明すると勉強屋とは長瀞にある、そば屋・民宿のことです。
ここにお世話になっているパドラーが集まったチームということです。
ここの旦那が、面白くて親切なので、パドラーも引き寄せられるのですね。
しばし、楽しい時間を過ごす・・・。
やっぱりここが、今は僕の「ふるさと」ですね。
[PR]
by playboating | 2008-06-02 16:32 | 遊び | Comments(2)