playboating@jp

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧




発送作業

PLAYBOATING@JP Vol22 発売です!
c0121102_19541314.jpg

今回の特集は、フリースタイルワールドカップ。
北京オリンピックや、ザンベジ川のレポートもあります。


c0121102_19523230.jpg
宛名書き中の野川編集長。
小さい編集部なので、全部編集部の手作業です。
今回はリサ助手が仕事で来れないので、男手だけで、
「めんどくさいねー」
「誰かやってくんないかなー」
なんてぶつぶつやってます。
(いや、ほんとは感謝ですよ!)

只今発送作業中ですので、早いとこで31日に。
1日には各カヌーショップや長瀞河原、通販をオーダーしている方にところに届くはずです。
お楽しみに!
[PR]



by playboating | 2008-10-30 20:01 | 記事内容 | Comments(0)

久し振りの大会

c0121102_23391020.jpg
久し振りに大会に出てきた。
長良川で行われたスピリットカップだ。
まあ、去年も出場したので、大会は1年ぶりということだ。
大会にはよく顔を出すが、ジャッジをすることが多いので、
自分がプレイできる数少ないイベントなのだ。
(今回もジャッジとしても参加してるけど。自分の出番の時だけ、代わってもらっている。)

前日の土曜日も、これができる、あれができるかな?・・・とマジ練だ。
スピリットカップはローカル大会だし、趣旨は、肩ひじはらず、みんなで盛り上げ、ビギナーでも楽しもうという、おおらかな雰囲気の大会だ。
なのに、自分は本気です。
試合前のルーティンの確認もみっちり。
予選、久し振りの大会なので、自分の出番ではちょっぴり緊張。
けれど、イメージ通りのルーティンで時間内に上手くまとめた。
初心者が観戦している中、
実に大人げないプレイを披露。

しかし、もっと大人げない人がいました。
主催のヨシ君です。
本気プレイでなんと1位。そして僕が2位。
盛り上げ役のスタッフが一番ムキになってどうする???

まあ、決勝では、現役選手がしっかり実力を発揮して、
すばらしプレイを見せてくれました。
c0121102_23393465.jpg
写真はMVPとエキスパートクラス2位のエスパー。
デッキに子供を乗っけているのがわかるかな?
自分はヒートが増えるごとに疲れて5位。

9、10月と忙しくて、ほとんど漕げなかったので、
思いっきり楽しませてもらいました。ありがとうです。
来年も出るか?

さて、実は自分は今年まともに漕ぐのはこれがほとんど最後になりそうです。
この冬は体のことがあって、パドリングをしばらく休止します。
これは小誌のネタでも紹介しようと思います。
ということで、勝手に11月1日に長瀞で、自分の漕ぎ納めをします。
10時くらいにビレッジに行く予定です。一緒に漕いでもらえる方、ぜひご一緒しましょう。
[PR]



by playboating | 2008-10-27 23:55 | 遊び | Comments(0)

ロードより帰還

久し振りの更新です。
昨夜、10日ぶりに家に帰ってきました。
展示会等があって、ずっとホテル泊まり。その間にも締切間近の作業。
睡眠時間の少ない毎日が続いた。
阪神が8月に甲子園を使えずに長期ロードに出るのは、こんな感じなんだろうか?
とりあえず、家に帰ってきて、子供の顔も見れて、
やっと、少し落ち着いた時間を取れます。
自分のブログも見るのも久し振り。
(更新のない間も、見に来てくれている方もいるようですいません。)

というわけで、ロード中に仕入れた情報です。
来年フリースタイルのNewボートが発売されるのは2機種のみ。
1艇は紹介済みで、リキッドロジックのビスケット。
これのみかと思ったら、なんとFluidが日本でも発売されることに。
扱いはアオキカヌーさんですが、広告を頂いたので、秋号に少しですが詳しく紹介しています。
c0121102_22124392.jpg
Fluidは南アフリカのメーカーですが、6年程前にスタートしたブランドで、
過去にはビリー・ハリスがライダーにた。その時は、乗りやすそうなイメージでした。
写真はフリースタイルボートのNEMESIS(ネメシス?)で、
3サイズがラインナップ、日本人にもマッチしそうなサイズだ。
他にも、サーフカヤックや、リバーラン、クリークと揃っている。

それと、なんとピークが復活。
c0121102_22222133.jpg
長瀞パドラーの自分にはとても懐かしいが、
PFDは以前と、あまり変わらないデザイン。
それが、ピークらしいんでしょうね。
ジャケットはちょっと雰囲気が変わりましたね。
c0121102_22241199.jpg
素材もよさそうです。
こちらは、本誌の秋号には取材が間に合わなかったので、
冬号で紹介できると思います。
[PR]



by playboating | 2008-10-23 22:36 | 取材 | Comments(0)

10回記念

c0121102_003318.jpg

さて、先のオーシャンフリースタイル選手権だが、
記念すべき10回大会だった。
自分は第1回の時から、選手として出場し、途中からは運営し、今はジャッジとして関わっている。
10年、見てきたのだが、内容はかわりつつある。
以前は、オーシャンフリースタイル(昔はロデオと呼んでいたが)は、
川が渇水になる冬場の時期的なスポットという認識だった。
それが、今はオーシャンフリースタイルというカテゴリーが確立されてきた感じだ。
川で遊べないから、海に行くのではなく、あくまで海でのフリースタイルが目的だ。
川が増水しているのに、海にいくなんて、以前ではもったいなくて考えられなかったが、
今では、海も毎週のように賑わっている(みたいだ)。
これは、皆が海の楽しさに気付いたということだろうが、
やはりこの人の存在抜きには語れない。
c0121102_092233.jpg
ご存じ、FreeWaveのアニキこと清水氏だ。
彼も海の魅力に取りつかれ、九十九里にベースを建てた。
そのことによって、どれだけカヤッカーが集まりやすくなったことか。
もちろん、彼の人間性もあってのことだ。
まあ、今はプライベートも忙しいようだし。
今回、大会に参加して彼は1つの歴史を作っていってるなと思った。

おまけです
取材しながら、いいシーンが撮れたので。
チューブを抜けるサーフカヤックです。
c0121102_0155188.jpg

c0121102_0162193.jpg

c0121102_016366.jpg

まさか九十九里でチューブライディングができるとは思わなかった。
しかも、カメラに収めることができるなんて。
もう1つおまけ
c0121102_0222687.jpg

[PR]



by playboating | 2008-10-10 00:22 | 大会レポート | Comments(0)

オーシャンフリースタイル

c0121102_2350844.jpg
5日は九十九里でオーシャンフリースタイルのジャッジ&取材でした。
朝、会場の浜に着くと朝7時だというのに、車がずらり・・・。
c0121102_23535730.jpg
まあ多くはサーファーの人達ですが、なんかあらためて感動します。

もう速報というほど早くないですが、まずは結果から。
男子フリースタイル
優勝 木村隆志
c0121102_024347.jpg
写真はサーフカヤックだけど。
安定してブラントを連発し、ここ数年、ベスト4で終わっていたが、ついに優勝。
慣れている感じが十分でした。もうすっかりホームゲレンデですね。
2位 兵庫からの刺客 田中さん
この田中さんが凄かった。まず、兵庫から参戦したというのにびっくりだが、
プレイが大きい!
キックフリップや、パンナム、エアースクリューとかを狙ってくる。
沖に出るときのキックフリップが採用されたのは彼だけです。
見ていて、動きにもキレがあった。
オーシャンフリースタイルは素晴らしいというのを教えてくるプレイでした。
3位 佐藤ナリ君

女子フリースタイル
優勝 木村史子
c0121102_092912.jpg
なんと夫婦で優勝してしまいました。
これも写真はシットオンだけど。
いや、本人いわく、シットオンが一番興奮するようです。

シットオンクラス
優勝 須小さん
c0121102_010536.jpg

これも写真はシットオンです。あっ、シットオンでいいのか。

サーフカヤッククラス
優勝 大西将太
c0121102_0114647.jpg
貫禄の優勝という感じでしたね。
見ていて、ターンがかっこいい。
サーフカヤックなので、派手な技が出るわけではないのだが、
波を走る姿を見ているだけで、かっこいい。
おそらく、本人も波を走るだけで楽しいのだろうと思う。
それが、サーフカヤックの魅力なんだろうな。

そしてMVP
c0121102_0161384.jpg

大貫さん
何をしたか?
説明は難しいです。
会場にいた人にしかわからないな。

今回は記念の10回大会でした。
それについて、本誌では述べたいと思います。
[PR]



by playboating | 2008-10-07 00:22 | 取材 | Comments(0)

長崎からお便り

先月ですが、長崎・早岐ウェーブでスプラッシュ・ロデオが開催されました。
私のところにも簡単なレポートが届いたので、紹介します。
SPLASH RODEO 2008

早岐は毎年行ってたのですが、今年は都合がつかず、行けなかった。
ここは毎年楽しみにしていた遠征だったのですが、ホント残念です。
来年こそは、ぜひ行きたい。
このビデオを見ていても、とても楽しそうでうらやましい。
それに、九州のみんなも上手くなっていますね。
いいなぁ~、いいなぁ。

編集部のほうにも、ローカル大会のレポートとかもどしどし下さい。
ブログではなく、本誌で紹介します。
別に大会レポートでなくても、僕が出場しましたって個人のお便りでもけっこうです。
フロムリーダースに紹介できますので。
[PR]



by playboating | 2008-10-01 22:23 | 大会レポート | Comments(0)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル