playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天下一武漕会 開幕

c0121102_1048461.jpg
かつて、井田の大会前夜祭で大盛り上がりをみせた、あのビッグガンショー!
(噂では、あまりの盛り上がりに近所迷惑になり消滅したとか・・・)
みたいなのが復活するらしい。

詳しくはココ
誰でも参加OK、お笑い部門?あり?
さあ、今から撮影に出かけよう!
ただ、くれぐれも決して歩道橋をカヤックで降りないで下さいとのことです。
[PR]
by playboating | 2009-06-23 10:48 | その他 | Comments(0)

最高なダウンリバー

c0121102_23241686.jpg

にじますカップ取材の次の日は、ある川に行ってきた。
プチクリークというかの山深くにある清流だ。

案内してくれたのは、昔、○ァンテックでも一緒にイントラしていたマツ。
度々誘われていたのだけど、都合が合わずに、これまで下れずにいた。
そして、今回ようやく一緒に行けたのだ。

いや~、ホント面白かったです。
そこまで傾斜は急ではないが、瀞場はほとんどなく、実にスピーディーなダウンリバー。
エディはあるけど、メンバー的にも一つ一つラインを確認しなくていいので、あまりエディキャッチせずに、どんどんラインを進む。(取材的には、写真が撮れなくなくて困るけどね。)
自分はこのスタイルが大好きだ。
落差のある川は、近くまで行かないと、流れが読みにくい。
一瞬、一瞬に違う景色が目に飛び込んで来る。
そして、瞬時にラインを判断しないといけない。
この頭の作業と自分のテクニックを駆使するとこが、たまらなく楽しい。
この日、いったいいくつブッフしただろう?

川も素晴らしい。
水はとてもきれいだし、途中、全く人口物が視界に入らなくなる。
「自然の懐に入った」って感じだ。

マツもそうだけど、久しぶりの仲間も嬉しかった。
c0121102_23434168.jpg

クマちゃんとは一昨年のSQTギャザー以来だ。

首が痛いリサ君も核心部をチャレンジ。
c0121102_23461849.jpg


脇腹を痛めている○キラプロも、見事なブッフ。
c0121102_23475345.jpg

ここでも、リハビリカヤックスタイルが流行りか?

こんなダウンリバーしたら、ホント、カヤックは止められないね。
[PR]
by playboating | 2009-06-18 23:52 | 遊び | Comments(0)

あやめ公園

週末は取材で長野へ。
そう、かの有名な「にじますカップ」だ。今年はフリースタイルのマーシャスカップも併設。
わが編集部からは、彼女を刺客として送り込む。
c0121102_23194077.jpg
こんな感じだか、使命は果たせたのだろうか?詳細は次号で。

にじますカップは、草レースとして有名で、毎年、数多くの人がエントリーしている。
その層も、ほんとにビギナーからオリンピック選手まで幅広い。
噂では、仮装大会も併設されているらしい。
今年もにじますカップに約180人、マーシャスカップに約80人がエントリーしていた。
その魅力はなんだろうか?
前々から、それを確かめてみたいと思っていたのだ。

大会はお祭り的なイベントで、雰囲気としてはとても明るく、
出場選手達も十分に楽しんでいたようだ。
カテゴリーは細かく分けられていて、これだけ多くの選手が出場しているにも関わらず、
ほとんどの選手が(各カテゴリーで)表彰される。このあたりも魅力だろう。
自分が(ちょっと主催者側目線で)関心したのは、地元の協力が大きいこと。
地元のテレビ放送が中継に入り、解説のアナウンスも行っている。
参加賞として、地元の特産物が貰え、またその特産物のテントがあり、
販売しているのかと思いきや、なんと無料で配布していた。
それらの運営には地元(たぶん)の若い子らが手伝っていた。
これほどまでに地元が協力的なカヤックの大会は初めてだ。
ここまでくるには、スタッフの並々ならぬ努力があったのではと思う。

併設されたマーシャスカップも80人と大盛況。
フリースタイルの大会は減少傾向だが、こんなにも出たい人がいるんじゃないか!
恥ずかしがらずにJFKAの大会にも出て下さい。
c0121102_23411032.jpg
大会会場は以前、弊誌でも紹介したアイリスホール。最近は形が悪くて、前日に有志が、スポット作りをしてくれた。このスポットのいいところは、ウェーブのすぐ横で観戦ができること。自分的には、NZのフルジェームスに似て、とても好きだ。

さて、このイベントを制したのは、この仮装チーム。
c0121102_2347911.jpg
大会中、決して顔を明かさなかった「にじますちゃん」と就活チーム。
中部からの刺客だ。しっかりツボを抑えてくるとこが中部らしい。
試合での活躍ぶりは以下の感じです。
c0121102_23501397.jpg

c0121102_23503551.jpg

あと、注目選手だったのが、やはりオリンピアン。
北京で4位の百合ちゃんは人気だね。
サインを求められて、おどおどのカズキもかわいい。
c0121102_2352613.jpg
百合ちゃん、バランス悪くなって、最後の「子」が無理くりになってますけど。

c0121102_2358970.jpg
遠く島根から参加した松井さんは、4カテゴリーに出場と息子達の世話までと、
十分すぎるほど堪能?していました。いや、ほんとお疲れ様です。

c0121102_002251.jpg
最後の表彰式は、それだけで約1時間。長すぎ!って思ったけど、
まあ、出場した人はうれしいね。地元からの多くの協賛品に争奪戦でも白熱です。

公園の中に会場があるから、家族できてもいい。
来年は自分も出てみようかな?
[PR]
by playboating | 2009-06-16 00:10 | 取材 | Comments(2)

長瀞解禁

c0121102_22275534.jpg
何が解禁か?
そう長瀞は6/1に鮎解禁になりました。
そうと知らずに漕ぎに行った。
カヌビレにも、ファンテックにも誰もいない・・・。
おかしいなぁ、と思ったら、解禁日だった。
しかし、朝からの雨で、釣り師は0。先週の試し釣りの日も増水で×。
なんだか逆に釣り師が可哀そう。

さて、長瀞は27t。
さくらホールが絶好調です。
スピンホールも漕げるが、そこはスルー。
雨だったせいか、僕ら以外には一人だけしかいない。
(午後からいっぱい増えたけど)
どうやら、御岳の仙人のようだ。
c0121102_22265960.jpg
バックスタッブを主に練習していた。しかもちゃんと残している。やるな!
写真を見ての通り、バックウォッシュは十分、先週のこんのより大きいんじゃないか?
この水量なら、御岳より長瀞でしょ!
前にもちょっと紹介したけど、鉄橋よりもまだ上流にもポイントがあって、
最近の長瀞はけっこう遊べる。

自分らリハビリカヤッカーは、漕いでいる時間よりも、エディで休む時間の方が圧倒的に多い。
c0121102_2233218.jpg

リハビリカヤック。新しいライフスタイルの提案だ。

c0121102_22355978.jpg
いつぶりだろう?昨年の夏か秋以来に一緒に漕いだ金○さん。
c0121102_22371320.jpg
宮○さんは腰通からは、だいぶ回復したようだが、動きは老人化してますね。
c0121102_22381399.jpg
産後からすっかり復活した☆野さん。最近は僕よりも漕いでるか?

自分もまだ、ブラントとかはできなくて、サーフィンに切り替えしの練習だけ。
感覚も少しづつ戻ってきたかな。

来週はにじますカップに行きます!
[PR]
by playboating | 2009-06-08 22:50 | 遊び | Comments(0)
c0121102_22455684.jpg
長良遠征に行ってきた。
肩もだいぶ良くなってきたようだし、ホールでも遊べるんじゃないかと・・・。
それと取材もかねて。

土曜日はこんの。水量は少なめ。
けど、最近は少ない水量でもけっこう遊べるらしい。
カートやループがやりやすい。おてもやんはきれいなループを連発していた。
で、自分というと・・・、甘かった。
肩は特に問題なかったのだが、動きが固い。
自分でも力が入って固くなっているのがわかる。
まだバランスが悪いのか、それとも精神的に躊躇しているのか。
とにかくダメダメ君でした。
まだまだ修行が必要ですな。

ところで、長良で見つけたおかしな現象。
自分が駐車場に着いたとき、すでに漕ぎ終えた地元のふ○ちゃんがハダカでボートを拭いていた。まあ、露出狂の彼だし、別に不思議ではない。
そして、河原を降りていくと、ちょうど地元のコー○が上がってきた。
またハダカだ。
聞くと、川でウェアを洗ったからだという。

そして、自分も漕ぎ終わり、上がろうという時、
お○もやんが、おもむろにハダカになり、水浴を始めた。
どうもウェア?体?を洗ってからあがるのがブームのようだ。
この時の水浴しながらの会話
自分「泊まりでしょ、この後どうする?メシはどこで食べる?」
お○もやん「別に決めてない」
自分「そうか、まあ一緒に食べに行こう。お風呂はどうする?」
お○もやん「今、入ったからいい。」

えっ?と思ったが、長良ならまあ理解できるか。長瀞ならありえないけど。
c0121102_23125060.jpg
どうも上がる時はハダカがブームのようだ。
念のために付けくわえておくが、一部のパドラーのみの間です。
真似しない方がいいと思う。

土曜の夜はどしゃぶりの雨。
で日曜はスケボースタート。
c0121102_23254898.jpg
パドラーいっぱいだ。さらにダウンリバーの人はもっと多い。
久し振りにここまで賑わっている長良を見た。

今日はカズヤにデモをしてもらい、プレイボーティング用の撮影。
次号では、いろいろな技紹介をしようと思っています。
しかし、少なめのスケボーで、大技はちょっと難しい。
水量は減り気味で、途中から円空に移動。
円空はマキマキのいい感じ。こんなとこ、自分は入らないです。
カズヤはさすが。要求通りにこなしてくれる。
撮影していて、上手いなぁとあらためて思う。
別に技ができるとかでなく、ミスした時にリカバリーが早く、ホールアウトしないのが凄い。
技は練習すれば出来るけど、不意の動きに対して、すばやく対処出来るのが、やはりカヤックが上手いということだと思う。

昼休憩をいれて、またこんのへ。
昨日はホールで、今日はウェーブ。
2日で2種類のこんのを楽しめた。
カズヤと安○さんがループ合戦で燃え上がる。
c0121102_2335070.jpg

そこへ、ウェーブマニアの伊藤さん登場。
c0121102_23432741.jpg
自分がカヤックを始めた頃の先輩だ。(自分はカヤックは長良出身です)
あの頃に長良でカヤック始めた仲間で、まだ漕いでいる人はわずか。

自分よりも年上の人が長く続けているのは嬉しい。
相変わらずクネクネとしたキレのあるサーフィンは流石です。

まあ、今日のこんのも、自分はダメダメ。
また出直しだ!
[PR]
by playboating | 2009-06-02 23:43 | 遊び | Comments(0)