playboating@jp

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧




「奇跡のリンゴ」

c0121102_19161377.jpg

今年の最後は引っ越しで終わった。
クリスマスから年末までずっと引っ越し作業。
やっと片付いてきて、まともに住めるようになった。
まだやらなきゃいけない事もあるけど、年明けだな。

今年はリハビリから始まった1年。
カヤックは十分ではなかったけど、カヤックを始めて以来の長い休養期間を貰った。
来年からは、環境も少し変って、いっぱい漕ぐようになると思う。

で、今年の衝撃だったことを1つ。
題名の「奇跡のリンゴ」という本です。
この本を読んで、凄い衝撃を受けた。

ストーリーは、リンゴを無農薬栽培するというものだけど、
言葉では簡単だが、そこに行く着くにはさまざまな紆余曲折があるわけだ。
別にその苦労話に感動したのではない。
自然栽培という方法に衝撃だった。
その収穫したリンゴは1年たっても腐らないという。
一見、奇跡のように思えるが、本当はそれがリンゴが持っている力なんだと。
腐る方(農薬を使用したリンゴ)が、本来の力を失っているという。
仕組みはこうだ。
人間のエゴで、収穫の効率を上げるために、農薬を使う。
そのため、病原菌や害虫に対する抵抗性が弱くなる。
そのように改良されたリンゴの木はもう農薬なしでは育たない。
しかし、リンゴだって生きたいと思っている。
自然の中で育つリンゴの木は、抵抗力も強くなるというわけだ。
むしろ、それが自然なのだと。

この本の衝撃は、中学生の時に見た映画「風の谷のナウシカ」以来。
ナウシカを見たとき、腐海の意味に大きな衝撃を受けた。
腐海を焼き払うのではなく、受け入れ共存すべきという宮崎駿のメッセージは強く心に残った。
中学生ながら、自分はこう(ナウシカやユパのように)生きたいと思った。

ナウシカはフィクションの世界だが、これを現実の世界でやってのけた人間がいた。
それが木村秋則というリンゴ農家である。
彼の言葉では
「リンゴの木はリンゴの木だけで生きているわけではない。
周りの自然の中で、生かされている生き物なわけだ。
人間もそうなんだだよ。」と
彼のように生きたいと思った。
もちろん、農家を目指すという意味ではありません。
答えはすごいシンプル。そんな簡単なことを気づかせてくれた本でした。
だけど、やっぱり実践するのは難しいね。
[PR]



by playboating | 2009-12-30 22:50 | その他 | Comments(0)

あったマラソン

先日、奈良吉野で行われた「あったマラソン」に行ってきた。
取材も兼ねてマラソンリレーにも参加。
天気は晴れ時々雪。寒々です。

マラソン種目、
昨年は30分ほどかかったコースだが、長すぎるとの意見があり、
今年は区間を3つにわけて、リレー形式になったそうな。
なので、一人当たりは約10分くらい。
そんな長くはないけど、フリースタイルでやってきた自分には、
全力を10分間続けるというのは初めてのこと。
はたして大丈夫か?

自分は第1区だったので、いっせいにスタート。
スタートダッシュではトップ争いを演じ、良かったのだが、徐々に遅れだす。
(後から思い起こすと単にスタート位置が良かっただけかも)
やはり体力がないようだ。気がつけば後ろから2番目だった。
しかも僕の後ろというのは、これまた1年のブランクを経て、
先月に復活したばかりという方。
復帰という点では自分の方が先輩だから、まだ体力があって当然。
実質、ビリということだ。
バトンを受けた後続の方、ごめんなさい。

で、自分の出番はこれで終わりだが、イベントは
カヤック相撲、ロール大会、静水カート大会、静水ループ大会、と続く。
この寒さでロールを競うのは、ロールが何回できるか?というよりは、
何回、顔を水に付ける事ができるか?という我慢大会みたいだった。
参加のみなさんのファイトには敬服です。

意外と面白かったのが、カヤック相撲。
昨年はウェアの掴み合いになって、激しすぎたようだが、
今年はその反省を生かして、ウェアの掴みはなし。
ルールができてきて、面白味が増したと思う。
やはり勝つには、カヤックの技術が必要だし、力でなく、
かけ引きや、カヤックコントロールが重要で、けっこう面白いかも。

で、動画を撮ったのでアップします。

小誌にも登場したDSさんと結城君です。


もう1つSwim Dogさんと関西のリーダーチッチさん。

関西が熱く燃えた1日でした。
[PR]



by playboating | 2009-12-23 00:22 | 取材 | Comments(0)

どっちにするか?

3日ほど前、親知らずを抜いた。
虫歯で、歯に穴が空いてるのが自分でわかるくらい進行していたのだけど、親知らずを抜くは痛いと噂もあるから、なかなか行くのを躊躇していた。
それが、最近では技術が進歩したのか、そこが上手かったのか、
近所の歯医者はほとんど痛くなかった。こんなことなら、早く行っときゃ良かった。
抜いた後も少し違和感があるくらいで、腫れなどもなく平気。
ただ、「抜いた穴が埋まるまで、反対側で食べて下さい。」
と医者に言われている。
抜いたのは左の上の歯で、今、右だけで噛んでいる。
と、まあここまでは普通の話なのだが、

ここで、ちょっと問題発生。
今日、右側に口内炎ができた。
まだ小さいから痛くないけど、これからたぶん大きくなるだろう。

さて、どっちで食べようか?
[PR]



by playboating | 2009-12-18 11:10 | その他 | Comments(0)

やってもやっても終わらない

カヤックネタから離れていますが、先月から全く漕ぎに行ってません。
なぜなら・・・、週末は引っ越しをしているから。

まったくプライベートな内容ですが、引っ越しをします。
と言っても隣り町なので、近くです。
関越花園インターそばで、長瀞には今より15分ほど近くなるかな。
理由はもろもろあるけど、今までは貸家だったので、ついに持家になる。
広い土地が希望だったので、安い場所を見つけることができたから。

で、時間がある度に引っ越しをしているわけです。
近いだけに(車で15分)、自分の車で少しづつ運びだしている。
これがなかなか減らない。もう何往復しただろうか?
やってもやっても終わらない。
こんなに荷物ってあったのか?
まあ、マイカーでは運べる量もしれているからか。
さすがに大物は運べないから、それだけ業者に頼んでいるけど、
今月の25日に引っ越し終了予定。って、クリスマスだ。
取材にも行かなきゃならないんだけどな。
[PR]



by playboating | 2009-12-15 08:38 | その他 | Comments(0)

スポーツ整形

さて、肩の手術から1年経ったのだが、自分が初めて脱臼したのは15年ほど前のこと。
その時、他の脱臼経験者の話を聞いて、脱臼はクセになるということで、それが一番の心配だった。それからしばらくは事故はなかったのだが、2年後くらいだろうか、諏訪峡での大会の時に2度目の脱臼。そして3回目が長瀞で。これは以前にも書いたかな。
それからは、自分もクセになってしまい、日常生活でも簡単に外れるようになってしまったのだ。
もう自分の肩はゆるいとわかってもすぐに手術をしなかったのは、15年前の時に、脱臼のクセを直す手術は、とても怖いというイメージがあったから。
肩を切開して、ボルトを埋め込んだとかどうとうか・・・。
とても医者に相談する気にはなれなかった。

それが、昨年の正月に脱臼した時に、地元の整形外科からスポーツ整形の医者を紹介してもらった。
正月に、「ただ普通に寝てただけなのに肩が外れた。」という情けない状況に、この先、このままでは通常の生活すらできない・・・という危機感で、ようやく医者を訪ねる気になった。
ちなみに、肩を専門に診ているスポーツ整形の先生は少ないとのこと。
埼玉で2か所しかなく、全国でも数か所しかないらしい。それに紹介がないと診てもらえないから、自分もたまたまというか、普通に病院に行ってもめぐりあうのは難しいかもです。
結果は、訪ねてみて良かったのだが、
話を聞くと、切開していたのは昔のことで、今は内視鏡で出来るとのこと。
それなら、あまり怖くない。
よくよく聞くと、スポーツ整形は普通の整形外科とは、中身が違う。
スポーツ整形の目的はあくまで、「その人が手術前とほぼ同じレベルでスポーツができるように回復させること。」
それに対し、普通の整形外科は「日常生活に問題ない範囲で回復できればいい。」とそのゴールが明らかに違った。
その先生はカヌーの選手を診るのは初めてだったそうだが、僕を受け持つにあたって、ちゃんとカヌーの勉強をしてくれた。どのビデオを見たのかはわからないが(たぶんスラローム)、どういう行為が危険であるかというのをちゃんと理解していた。これまでに見てもらった医者で、相手をそこまで理解しようとする先生はいなかったので、びっくりしてともて嬉しかった。
リハビリ担当の先生は、また別の人なのだが、その人もカヌーでどいう動きをするのか質問してきて、そのためにはどの筋肉を鍛える必要があるのか、どういうリハビリ方法がいいのか考えてくれる。
カヌーのパファーマンスは僕の問題であって、そこまでしてくれなくても・・・とも思うのだが、リハビリの目標はそこにある。
とっくの昔に日常生活には問題なくなっているわけだしね。
というわけで1年経ったけど、まだリハビリは続いています。
[PR]



by playboating | 2009-12-04 23:59 | リハビリ生活 | Comments(3)

術後1年経過

肩の手術を行ってこの12月でまる1年が経つ。
今年はずっとリハビリの年だった。
ちょっと今年のリハビリ生活を振りかってみる。

医者の「3カ月くらいで普通の生活ができるようになる。」
「カヌーができるのは半年から8カ月くらい。」と言われて、
自分にとってカヤックは日常生活。春にはカヤックはできるようになるさ。
と軽く考えていたが、現実はそうではなかった。
確かに日常生活は3カ月ほどで不便は感じなくなった。
しかし、日常生活はできても、筋力の衰えがこれほどにあるとは予想しなかった。箸は持てるから食うには困らないが、カヤックは持てない。漕ぎに行こうにも、車にカヤックを乗せられないのだ。
もちろん、医者からも、筋力が落ちるからリハビリも後方は筋トレになることは聞いていた。
肩を休める(固定する)期間が1カ月。だから、1か月筋トレすれば元に戻るのでは。なんて安直に考えていたが、とんでもない。1年たった今でもまだ筋力は完全に戻っていません。
といっても8,9割は復活という感じですけでどね。
衰えるのはすぐなのに、戻すはかなり時間がかかるのですね。

しかし、まだ完全でないといっても、今現在カヤックをするのに支障はほとんどない。
「漕ぐ」といってもレベルがあるから、どのレベルまで可能か?というのがあるけど、普通にダウンリバーや、フリースタイルも大丈夫。
実際、春くらいから申し訳程度に漕ぎ出し、夏には軽いフリースタイルプレイならできた。
けど、ブランクというのは怖いですね。
漕いでいる時間も少ないからでしょうけど、肩はほぼ大丈夫なのに、プレイの方はからっきしダメです。
肩は、医者に言われるよにちゃんとリハビリをしてきたから1年でほぼ良くなったのですが、体力の方がなまってしまいました。
まあ、カヤックに関しては、ホント1年間休養を取った感じです。
フリースタイルを始めて17年ですが、こんなに漕がないのは初めてこと。
けど来年には、仕事上でもカヤックを休んではいられなくなるので、いやでもトレーニングをしなきゃです。
早く体を戻さなきゃね。
[PR]



by playboating | 2009-12-01 23:34 | リハビリ生活 | Comments(0)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧