playboating@jp

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




埼玉に帰ってきた

c0121102_1937781.jpg
鹿児島から帰ってきました。
桜島は昨年から記録的な噴火をしているそうだ。
降ってくる火山灰も懐かしい。

引っ越しの荷物準備や、役所、親戚回り。
ほんとは寂しいはずなのですが、忙しくて悲しむ暇はありませんでした。

今思うのは、もっと子供達に自分が遊んだいろんな場所で、同じように遊ばせたかった。ということ。
まあ、これからも帰れないわけではないけど、あまり機会はないだろう。

子供の頃、遊んだ川に立ちよってみた。
あのころは、とても大きな淵に見えたのだけだ、今、見ると、小さな小川だった。
自分の子供達は、長瀞がこんな感じで思い出になるのだろうか?

ヤシやソテツが続く街路樹。
c0121102_85013100.jpg

空港ではジローさんがお出迎え。
c0121102_8503380.jpg


またいつか遊びに行ってみたい。
[PR]



by playboating | 2010-02-23 08:52 | その他 | Comments(0)

最後の帰省

鹿児島に帰省します。
これが最後になります。

実家に一人、母を残しいましたが、3月から埼玉で一緒に住むことになった。
それで、引っ越しの準備や役所の手配とか。
実家は処分するので、もう帰る家はなくなる。
鹿児島に帰ることは、またあるだろうけど、泊まる実家はないわけだ。
帰省というより、旅行になるのかな?

もう鹿児島を離れて20年近くになるのだけど、
いざ、自分の生まれ育った家がなくなるというのは寂しい。

向こうでは、忙しくて感傷にひたるほどヒマはなさそうだ。
とりあえず、行ってきます。
[PR]



by playboating | 2010-02-17 21:45 | その他 | Comments(0)

リハビリ終了

今日でリハビリ通院が終わりました。
まだ通ってたの?と思われるかもしれませんが、
手術をしてから1年2カ月です。
といっても、後半は通院も月に1,2回程度でしたけどね。

最後ということで、腕の旋回範囲のテスト。
これが、手術前と比較して、広くなっている。
まあ、右(ケガしてない方)と比較すると狭いのだけど。
肩が外れないように強くなっただけでなく、可動範囲も広くなったわけだ。
数値的には結果は出てないけど、筋力もアップして左右同じになった。
(手術前は左は筋力が弱くて、バランスも悪かったそうです)

脱臼グセがあったころは、なかば諦めていたのだけど、治るものですね。
これもちゃんとスポーツ整形で診てもらったおかげです。
(普通の整形外科は1年も通わないですかね。)

帰りぎわに、
「これで競技にも復活できますね。頑張って下さい。」
と言われた。

確かに手術前にはカヌーの競技をしていたと話たけど、
肩とは関係なしに、年齢的にもう競技には参加してないのですが・・・。
どうやら向こうは、僕の事を現役選手だと思っていたようだ。
いまさら「違います」とは言えずに、
「はい、ありがとうございます。」と出てきたが、なんとなく恥ずかしい。
一応、半年後に経過報告に行くのだが、「大会どうでしたか?」
なんて言われたらどうしよう?
[PR]



by playboating | 2010-02-16 00:31 | リハビリ生活 | Comments(2)

新生JFKA

c0121102_6152821.jpg
Vol27でも紹介しましたが、JFKAの新しいHPがアップされました。
HPをからも、充実した活動がなされるのではという気がしました。
新しいJFKAは参加選手、自らが作り上げいく、自分達のための大会です。
また、選手育成、普及活動という大きな目標もあります。
これまで、ちょっと尻すぼみしていた方もどうですか?
ちょっと気軽に参加してみませんか?
きっと何かが見つかるはずです。
[PR]



by playboating | 2010-02-05 06:15 | その他 | Comments(0)

Photo

前回、パトリックから素晴らしい写真が届いて、紹介しきれていない。
と書いたが、せっかくなので、このブログで少しだけアップしてみます。

c0121102_1853428.jpg
この1枚目の写真は、実は表紙候補でした。実際に採用になった写真とどちらにしようか悩んだのですが、この撮影、構図がいいと思いませんか?
普通、僕らが撮影する場合は岸から撮ることが多いです。
その時は、撮りやすい位置というのがなんとなく優先される。
しかし、この写真、どっから撮ったのだろう?と思う。
たまたまこの構図で岸があったのがどうかわかりませんが、
下流が全く見えずに、今にも画面からフェードアウトしようとしているとこがにくい感じです。
想像を掻き立てて、見る人を引き込むいい写真だなと思います。
彼らは、「魅せる」こと仕事にしている。
この写真を見て、やっぱりプロだなと感心しました。

紹介できなかったけど、こんな写真も。
c0121102_18532299.jpg
たぶん海?もしくは氷河湖?氷河湖だとしたらスゴイな。
いかにもアイスランドという感じです。

c0121102_1853371.jpg
この写真のパドラーはキャンブリンですが、
この滝は何m?あるんでしょうね。
本文にもありますが、タイラー・ブラッドはこの旅の後、滝落ちの世界記録を更新したそうです。
タイラー・ブラッドは、この記録を期に、若手の新鋭としてかなり注目されているようです。

ちなみに、誌面では撮影者:キャンブリンとベンしか記載してなかったですが、
タイラーも撮影者の一人でした。

Photo:Patrick Camblin, Ben Brown, Tyler Bradt
[PR]



by playboating | 2010-02-02 18:55 | 記事内容 | Comments(0)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧