playboating@jp

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧




青と赤

c0121102_15221587.jpg

日曜日も朝は快晴。
すっきりした青空で気持ちいいです。
気候もちょうどいいという感じ。
自分はカヤック体験スクールでした。
水はちょっと冷たくなってきましたね。
濡れるにはもうドライが必要という感じ。

さて、川岸は彼岸花で真っ赤。
c0121102_15175123.jpg
毎年、まったく狂わずに彼岸に咲く、彼ら。
季節の変わりを教えてくれます。
夏から秋なので、ちょっと寂しい感覚がありますよね。

c0121102_15223295.jpg
こちらも秋を伝える赤い使者。
長瀞は自然、いっぱいです。
[PR]



by playboating | 2010-09-27 15:24 | その他 | Comments(0)

秋空

c0121102_21424145.jpg
夏から急に秋となりましたね。木、金曜日は10月下旬の気温だったそうな。
寒かったですね。冷房からいっきに暖房です。

しかし、週末には天気も回復して透き通った空に。
本日はダッキーツアー。
朝は曇り空でしたが、ツーリングがスタートした頃には、上記の写真ような真っ青に。
スプラッシュが気持ちよかったです。
でもさすがに水温も低くなってきた。
ちゃんとしたウェアがないとそろそろダッキーはつらいかな。


さて、遅れているスクォートギャザーのレポートをちょっと。
今回はアメリカからジムを含め11人のミステリーゾンビが来日。
どいつもこいつも、よく潜ります。
けど、これだけいるとスタイルの違いも出てくる。
参考になる題材が多くて、ためになる。
しかし、スクォートは悲しいかな、写真で表現が難しい。
だって、ミステリーしちゃったら、水面しか写ってないんだもん。
水中写真が撮れればいいのだけど、この日は水が濁って(といってもグリーン)水中撮影はできず。
ギリギリのところを掲載します。

c0121102_22121918.jpg
昨年のミステリーチャンプ(名前は忘れた)。なぜか、彼は普通のエリシャツを着てスクォートに乗ります。しかも、この時ノーヘルだから、ただの溺れている人にしか見えない。

c0121102_21574666.jpg
さらに潜ったところ。
手だけ出してアピールして、かっこ良く見えなくもないが、
もうだめ!と、助けを求めているようにも見える。

c0121102_21594859.jpg
こちらはミステリー直前の目だけが出ているところ。
水面から浜辺にいるビキニねーちゃんを覗いている人に見えなくもない。


夜は恒例のオークション。
これは大盛り上がり。外人達も大喜びだった。
しかし、事実は雑誌で報告できるような代物ではない…。
いや、このブログでも一部だけしかお見せできない。
これは、参加した者だけに許された狂喜の時間。
c0121102_2243926.jpg

これはなぜか、日米対抗柔道と発展していった一コマ。
この程度ならまだお見せできますね。

さあ、来年は君も札束握りしめて参加しよう!
[PR]



by playboating | 2010-09-25 22:13 | スクール | Comments(0)

落ちアユ

c0121102_20553562.jpg

秋分の日(この日も取材予定だったが、雨で中止)は全国的に雨だったが、前日は最後の猛暑日?
この日は鬼怒川に取材に行ってきました。
PLAYBOAING春号用の取材です。
(まだ、秋号でさえ取材がほとんど行われていないのに・・・。)
天気予報がいうほど暑くはなかったが、抜けるような青空が気持ち良かったです。
内容はダッキーで、ビギナー向けの特集となるので、春に掲載なのだ。

今回はプロのカメラマンに撮影をお願い。
なので、自分は全くのパドラー役。これまで、けっこう撮影する方が多かったが、カメラはけっしてプロではないので、あまり上手く撮れにずにストレスであったが、今回はその点、ラク。
たぶん、いい写真撮れています。さすがプロ、やはりその道の人は違う!
てことで、自分ではカメラ持って行ってないので、取材の写真はありません。
取材をやって思ったのは、ダッキーでもなんでも、やはりダウンリバーは楽しい!ということ。
それが、ビギナーでも体験できるなら、ダッキーは便利だ。
今回、ダッキーならではの遊び方というのも勉強したし。

撮影が終わってからは、ヤナで食事。
ちょうど落ちアユが始まる時期です。
上の写真のようにヤナでアユを捕って、
c0121102_21113940.jpg
炭火で焼く、

c0121102_2112656.jpg
そしてこうなる。

帰りには鬼怒川上流部を偵察。
オモシロそうな場所も見付けてきた・・・。

実は春号の取材をしている場合ではない、
はやく秋号の準備をせねば・・・。
[PR]



by playboating | 2010-09-23 21:18 | 取材 | Comments(0)

ダッキー2本

連休中日は、ダッキーツアーの午前、午後とダブルヘッダー。
ダッキーの場合、ボートを膨らませないといけないし、
ダウンリバーなので、当然、回送も必要。
けっこう、準備や後片付けは大変なのです。
しかし、ダッキーは素晴らしい!
カヤック初めてという人でも長瀞を下れちゃうのだ。
この日は水量も少なかったので、小滝にも挑戦。
小滝上の瀞場で、まず、パドリングの練習するのだが、それができたら、いきなり最初の流水が小滝なわけだ。
パドルを初めて握って、30分後くらいには小滝に挑戦。
自分でも大丈夫かな?とちょっと心配だが、
そんな心配もよそに、参加の6人とも無事クリアー!
(ルートはコントロールできてなかったけどね)
もしこれが、リバーカヤックならさすがに無理だろう。
いや、ダッキーの力って素晴らしい。
その後も下っていくうちに、だんだんとパドリングにも慣れていき、コントロールも上達していきます。
参加の皆さん、川下りの楽しみを十分に味わってもらえたようです。
c0121102_1850747.jpg
写真は、他のダッキーツーリングの人達とも一緒になって、大集団に。
(瀬では写真を撮れてないのが残念)
この日は、他にもツーリングの人でいっぱいでした。

午後は、自艇ダッキー参加の方。
長良川、利根川(月夜野あたり)も下ったことがあるというつわものです。
レベル的にはやさしい長瀞でも渇水気味の本日は、岩が多くダッキーには別な要素で難し面もある。
コースは皆野から樋口までとロングコース。
しかし、経験者だけにレベルは全く問題なかったです。
上がって車の回送が終わった頃には日が暮れていました。
ダッキーで1日2本も下るのは自分でも初めて。
しかも、今週は週中でダッキーの取材が2本もある。
なんてダッキーづいているんだ??
c0121102_1943760.jpg

写真は途中で遭遇した鷹?それなりに大きかったです。
水鳥はよく見かけるけど、猛禽類は珍しいです。
[PR]



by playboating | 2010-09-20 19:09 | スクール | Comments(0)

家族でカヤック体験

3連休、遠征のカヤッカーも多いでしょう。
自分はスクールです。
c0121102_2053712.jpg
今日は親子4人、家族でカヤック体験です。
お子さんは、小学5年と2年生の男の子。
小学2年生では、まだ難しいかな?と思ったが、けっこういける。
体力や体格で大変な面もあるが、
やっぱり、センスみたいなところは大人よりもむしろいいくらい。
しかし、この年齢はいろんな興味が湧く年頃。
カヤックも楽しんでいたけど、魚や虫に心を奪われる。
もちろん、それでいいんです。
魚や川虫の居場所を教える。
それが川遊びですから。
(私自身、潜るのは大好きですからね。)

おっと、潜るといえば、スクォート。
前のブログでも紹介した通り、先週末はスクォートギャザーでした。
もちろん参加、楽しんできましたが、
写真が大量にあって、まだ整理ができず、ブログへのアップも遅れています。
レポートは遅れますが、これから少しづつアップしようかな?
c0121102_2056653.jpg

[PR]



by playboating | 2010-09-18 21:00 | スクール | Comments(0)

カヤッククロス at 瀬田

一昨年までは、JFKAでも行われていたカヤッククロスが、瀬田川にて復活!
カヤッククロスはフリースタイルと違って、何か技ができなくては得点にならないとかがない。
下ることができればOKなのだ。ルールだっていたってシンプル。
なので、レベル関係なく参加できるのがいいところ。
そうはいっても、当然、上位に食い込むにはカヤックが上手くなくてはいけない。
近年、ボートの進化で、フリースタイルは遊びやすくなった。
リバーランニングも見直されてきてはいるが、フリースタイルだけが上手くなって、カヤックそのものの技術が伸びてないパドラーが増えているのも事実。
ダウンリバーというシンプルな中には、カヤックに必要な多くのテクニックが試される。
普通にダウンリバーしていても、自分に課題を課す事は、なかなかできないことだ。
それが、こういうレースに出てみるとよくわかる。
もちろん、大会そのものもエキサイトして楽しい。
開催は今月末・26日、滋賀県・瀬田川にて!

エントリーはこちらから
>>縦横無尽プロダクション
[PR]



by playboating | 2010-09-15 10:47 | 大会レポート | Comments(0)

静水練習

今日は静水で練習。
ボートはこれ、
今年、初めてです。
c0121102_18591297.jpg

乗る前は、ほこりがこびりついていました。
いつぶりだろう?と思いだすと、昨年のスクォートギャザー直前以来。
つまり、1年ぶり。
昨年はギャザーには参加できず、ジム達と御岳で乗ったが、
今年はギャザーに参加できそう。ボロバスはいつぶりになるかな?

で、久しぶりのスクォートで、セイゴの瀬では不安定で乗りにくい。
大岩上に場所を変えて乗る。
しょぼいエディラインだが、首までは潜る。
けっこう練習にはいいかも。

そして次はこれ、
c0121102_1953250.jpg

NEWボート、買っちゃいました。
こちらは、ボートがツルツル、テカッています。
これも静水でループ練習。
なんて、ループが簡単なんだ!
これは面白い。
ビデオにも撮ってみる。
しかし、美しくない・・・。
一応、ループはできているが、自分でイメージしていたきれいな弧を描いておらず、ショック。
確かにボートが短くなって簡単ではあるが、技術はまだまだ。
もっと練習せねば。
[PR]



by playboating | 2010-09-07 19:11 | 遊び | Comments(3)

静水スクール

c0121102_10505143.jpg
今日は午前は午後と静水でスクール。
午前はまったくのビギナーで女性2名。
カナダの湖に浮かぶカヌーに憧れてやってみたいと思ったそうな。
長瀞だとちょっとイメージが違うかな…。
しかし、スポーツが好きな方でしたので、怖がりながらもアグレッシブに楽しで貰えたようです。

午後は静水フリースタイル。
静水フリースタイルは初めてという方の参加です。
初めてなので、バウストールを目指します。
まずはリーニングやダブルポンプの練習から。
基本がある程度は出来ている方で、すぐにステップを進んでいける。
完全にとまではいかないが、ボートを立たせるのは出来るようになった。
(シート位置の関係とかもあって、バウよりもスターンがよく刺さるのですが。)
あとは、体重移動や、エッジの切り返しができるようになれば、
カートへとつながっていくでしょう。
ボートを刺すには、いかに抵抗を少なくするかが重要。
スライスする角度、刺す深さを考えながら練習するといいと思います。
[PR]



by playboating | 2010-09-06 10:56 | スクール | Comments(0)

2010スクォートギャザー

今年のスクォートギャザーの申し込みが始まっています。
開催日は9月11日、12日。
場所は静岡県・気田川、通称ボロバス
毎年、ジム・シュナイダーと彼のお友達が来日するのですが、
今年はなんと10人ほどの大勢で来るそうです。
これまでも、来る人、来る人、とんでもないミステリー野郎で、
アメリカのミステリーのレベルの高さに感心して、そんなのがゴロゴロいるんだと思っていたが、ついに大勢でおしかけるとは。脅威のミステリーゾンビ達を見れる絶好の機会です。

申し込みはこちらから
>>第15回スクォートギャザー
[PR]



by playboating | 2010-09-01 21:41 | 大会レポート | Comments(2)

長瀞名店シリーズ1 「ボブ」

c0121102_2173454.jpg
このブログで、長瀞のお勧めのお店などを時々紹介していこうかと思います。
最初に紹介するのは、レストラン「ボブ」
カヤックが店のウェウカムボードにもなっているように、店のマスターはカヤックもやります。(ごくまれにのようですが)
このレストランの特徴はボリュームが多いこと。
下手に大盛りなんて頼むと、食べきれないです。
通常の方なら、「ご飯、少な目で」と頼んだ方がいいです。
まあ、腹をすかせたカヤッカーには嬉しいことですね。
そして、もちろん味も美味しい。
メニューは少ししかありません。
・ハンバーグ
・イタリアンハンバーグ
・チキンカツ
・チキンガーリック
・オムライス
以上、のみ。

僕のお勧めはチキンライス。
けど、チキンライスを頼むとおかずが食べられないので、
いつもチキンカツ(ご飯抜き)とオムライスを頼みます。
オムライスはゆうに2人前はあるし、チキンカツは2枚。
(ちなみにチキンガーリックは3枚)
もちろん、一人では食べきれないので、数人でいきます。
しかも値段も安い。
オムライスが¥600で、他は¥700です。
ほぼ2人前のボリュームなのに・・・。
c0121102_21262463.jpg
味もボリュームも満足、オムライス

c0121102_2127163.jpg
2枚乗っていますが、これ1人前です。

ただ、マスター1人できりもりしているので、
混むと出来るまでに時間が掛かります。
あまり大勢で行っても、待たされるので、小人数で行くのがいいですね。

場所は、長瀞対岸と呼ばれる道ぞい。(右岸側になります)
位置的には小滝の瀬より少し上流にありますが、
皆野橋か、高砂橋から対岸に渡ることになりますね。
高砂橋から渡った(下流から上がった)場合、トンネルの出口です。
昼も営業していますが、夜は6時からです。

長瀞でたくさん食べたいなら、間違いなくここです。
[PR]



by playboating | 2010-09-01 21:32 | その他 | Comments(0)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル