playboating@jp

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧




神流川紅葉ツアー

c0121102_192111.jpg
日曜は群馬の神流川に行ってきた。
ここは長瀞からひと山越えた向こう。車で約1時間という近さです。

ここ最近、雨が降ってないので下れるか心配していたけど、なんとかOKという感じだった。
しかし、今日の水位はおそらくミニマムに近いだろうから、逆にいつでも下れる水量はあるのかもしれない。
前半は小さなドロップが続き、クリークというほどではないが、ちょっとテクニカルな感じ。難しい瀬が2箇所あるが、ポテージも簡単。この水量であれば、リスクも少ない。
後半は落差も少なくなり、初心者でも大丈夫なくらい。
スタートは蛇木の滝~ゴールは丸岩と呼ばれる巨岩のあるすぐ上流。6~8kmくらいだろうか。
この川の魅力は、山深い渓流らしいその景色。
この癒しな風景とテクニカルなライン取りが僕は好きです。

c0121102_193325.jpg
スタートの蛇木の滝。写真は凄そうな場所にも見えますが、この滝は下りませんから。けっして難しいレベルの川ではありません。

1箇所目の難所
c0121102_1924951.jpg
写真では見えない奥に1つ目のドロップがあって、ここは2段目。1段目の方がライン取りは狭かった。

途中で、「この先、岩があるから気をつけな!」と声をかけてくれたおじいちゃん。
どこにいるかわかりますか?
c0121102_196129.jpg
柿の木に登って、柿を取っています。いえ、あなたこそ、気を付けてください・・・。

2つ目の難所。この区間最大の落差です。
c0121102_1916698.jpg
このあと、頭から落下。見事にクリアとは言い難かった。

c0121102_19173082.jpg


c0121102_19175181.jpg


c0121102_1918366.jpg
こんな感じで小さなドロップの連続で楽しい。けど、もうちょっと水欲しいかな。

アフターは温泉と桜&モミジ観光。
c0121102_1919698.jpg
このあたりは冬桜というのも有名で、モミジとサクラが一緒に楽しめます。
温泉は冬桜の宿「神泉」。新しい施設ながら、日帰り入浴¥520とリーズナブル。

近くの公園でのライトアップ。
c0121102_1921451.jpg

温泉入って、メシ食って、久しぶりにツアーって感じで楽しめました。
[PR]



by playboating | 2010-11-29 19:22 | ツアー | Comments(0)

買っちゃった

最近、購入をずっと考えていたのだが、ついに買っちゃいました。

c0121102_11591718.jpg


まずはお試し。
レポートできるほどの腕前になったら、またアップします。
[PR]



by playboating | 2010-11-24 12:00 | 遊び | Comments(0)

2011プレイボート進化論

c0121102_21463127.jpg
題名だけ、でかいことを書いてみたが、
なんてこはない、来期モデルの試乗会があったので、ちょっとレポートです。
来年のNEWモデルと言えば、もうご存じの人も多いでしょうが、WAVESPORTのProjectX
先代のProjectから数年ぶりのリニューアルだ。自分もProject45には乗っていたし、実際、いいボートだった。
さてこのProjectXはどうか?
まあ、試乗会といっても、自分は乗ってないので、(試乗艇のサイズが56で自分には大きく、良さは感じれないだろうから)見た目の感想。
デザインは、自分的にはシャープな感じで好きなシェイプ。バウ先はかなり薄くなっており、スライシーな回転をイメージさせる。ボトムが幅広ですべりは良さそうだが、その分、リーニングが重そう。自分はあまり力を使えないタイプだと思っているので、この幅広感は、自分にはどっしりしすぎてマイナス。初期安定はいいが、ある点を超えると一気に沈してしまいそう。実際に試乗した人をみていると、上沈しそうになって苦労していた感じでした。
c0121102_2223499.jpg

c0121102_22233127.jpg

総合的にはかっこいいから、良し!かな。(ほんと、見た目の感想ですね)
小さいサイズは48で出るそうです。
試乗会では、あとはJackSonシリーズ。
c0121102_2295650.jpg
こちらはVillain すでにこの秋から販売になっています。
純粋なクリーク艇で、大きなロッカー、ラウンドハルが特徴。
日本ではクリーク艇を購入する人はまだまだ少ないが、このてのボートが売れるようになったら、かなりカヤックマニアが増えたと言えるのではないだろうか?

c0121102_22152896.jpg
あと、ウェアもちょっと展示。
plamはこれまでのイメージからだいぶ一新されている。Sandilineから面白いアンダーウェアも。
これらは、誌面でもレポートするので、またのお楽しみを。

2011のNewボートといえば、実はこれも。
TITAN KAYAK アンソニー・ヤップの立ち上げたブランドだ。
すでに日本も試乗艇が上陸しているが、来期、国内販売開始の予定だ。
アンソニーは、ワールドのオーストラリア大会で、度肝を抜くエアーで観衆を驚かせていた。自分も目の前で見たあの衝撃は忘れられない。彼の作るボートは、どうなのか?ちょっと気になるところです。
[PR]



by playboating | 2010-11-21 22:36 | 取材 | Comments(0)

色づいてきた

c0121102_18125437.jpg

平日スクール。ビギナーの方で、この日、カヤックが3回目になります。
当然ですが、最初は真っすぐ進まなかったカヤックもだいぶ真っすぐ進むようになりました。
リバーカヤックで、最初の壁というか難しいのが、カヤックを自分の思うところに進めること。回転性がいいので、なかなか真っすぐ進んでくれません。
レクレーション艇とか簡単なボートもありますので、初めての人でも十分カヤックは楽しめるのだけど、スクールで使用しているのは、ホワイトウォーターを前提にしている艇。なので、ちょっとスタートが難しく感じますね。
この日は、水をキャッチする感覚や、効率的な体の使い方を中心に講習をしました。
キャッチがわかってくると、ボートコントロールも容易になってきますね。

さて、長瀞は気温も下がり、紅葉がいっきに進んできました。
養浩亭横の林もこんなです。
c0121102_18243978.jpg
この林、現在は夜間、ライトアップされているのですが、いつのまにか「もみじ公園」と呼ばれるようになっていました。いつから公園になったのでしょう?
観光協会もあの手この手です。

これは別な日なのですが、荒川上流の視察にも行ってきました。
こちらはすでに紅葉がいい感じでした。
c0121102_18283722.jpg
水があると、それなりに難易度の高い区間なのですが、下るにはもう少し水が欲しいかな。
写真はないですが、山を越えて、さらに隣県の川へ。
ここは思ったより水があった。これなら下れる。
近いうちに紅葉ツアーと称し、行ってみよう。
[PR]



by playboating | 2010-11-17 18:33 | スクール | Comments(0)

今日はロングで

c0121102_120416.jpg

今日はロングで樋口までダウンリバーした。
メンバーも一緒に漕ぐのは久しぶりの仲間。
天気は快晴です。ずっと天気いいですね。
しかし、風強し。
と言っても、別に寒くない。風で落ち葉が舞う、舞う。
これもけっこうきれいでしたね。
落ち葉と一緒に川旅です。

水量は25tくらい。
自分はあまり技が出せないが、さくらウェーブもいい感じ。
樋口まで下るのは自分も久しぶりでしたが、遊べるとこもありましたよ。
洗濯機はカートOK。この水量ならまだ大丈夫、底には当たらなかったです。
樋口キャンプ場の下ではウェーブとホールが。
ウェーブは暴れていて、いまいちでしたが、ホールはいい感じみたい。
みたいというのは、遊ばなかったから。
それなりに引き込みは強そうだったけど、下流は瀞場なので安心。
カートの練習にはよさそうでした。
今度、もう一度行ってみたい。

c0121102_1294336.jpg
洗濯機の瀬。ちょっと出やすいけど、カートOK。もうちょっと水が多い方がいいかな。

c0121102_12102585.jpg
樋口、旧S字の瀬の下のウェーブ。見た目だけだと良さそう。
けど、実際にはいまひとつ。

c0121102_12113459.jpg
岩畳も少し色づいています。
紅葉もあと2週間後くらいがベストかな?
[PR]



by playboating | 2010-11-10 12:12 | 遊び | Comments(2)

秋晴れ長瀞

c0121102_22101269.jpg

ここんとこ、気持ちのいい秋晴れが続いています。
先日の台風で、水もまだまだ十分。
そろそろ冬シーズンにも突入か?という季節ですが、暖かい日差しと多めの水量で、長瀞もカヤッカーいっぱいでした。
自分は、この日は秩父からダウンリバー。
前半は、のんびりしたコース。
普段はあまり下らない区間なので、景気も新鮮も気持ちいい。
長瀞まで下ってくると、スピンホールとさくらウェーブは多賑わい。

こんな珍しい光景も
c0121102_22171796.jpg
懐かしい人、懐かしいボート、それに懐かしい技(カート)。

c0121102_22182163.jpg
これはラフトではありません。インフレータブルのオープンカヌー?2艇に見えなくもないけど、写真の前から後ろまでつながった1つのボートです。確か10人乗りくらい。こんなので下るのも面白ろそう。

c0121102_22203642.jpg
小滝では写真を撮ってもらおうと、わざとホールでブレーキをかけたら、見事にバックエンダー!

寒さを感じないカヌー日和な1日でした。
[PR]



by playboating | 2010-11-08 22:24 | 遊び | Comments(0)

天下一武漕会 締切間近!

c0121102_2043817.jpg

本誌でも紹介している天下一武漕会ですが、締め切りが延長になっています。
締切、申し込みはここ
もちろん、フォトコンテストの入賞作品は、本誌にて掲載。
そして、なんと大賞は表紙を飾る!・・・場合もあります。

さて、ここで、表紙を飾るためのちょっとアドバイスを。
まず、あたりまえのことですが、
1)縦写真であること。
普通に写真を撮ると横位置が多いと思いますが、ご存じのとおり、本誌はA4縦です。

次にちょっと表紙を見れば、わかるのですが、
2)構図として、上部分は空きが必要。
そうです、表紙には文字(ロゴ)が入りますから、
その部分のバックがごちゃごちゃしていると見にくくなります。
当然、カヤックや人とかぶたっりするとNG。
たいてい、上部は空や背景になりがちなので、大丈夫な場合が多いですが、
構図的に、中心(カヤック)はやや下にあるのがいいです。

さあ、まだ応募してない方、応募したけど、横写真だった方、
まだ間に合います。この週末はクールな写真を撮って、応募しよう。
あとムービーもさらに受け付けています。
[PR]



by playboating | 2010-11-04 21:03 | 記事内容 | Comments(0)

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   
by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

Link

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル