playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

行ってきます!

c0121102_23212957.jpg
いよいよ26日出発です。
今度こそ最後の大会、悔いのないよう努力をしようと誓ったが、はたしてどうだったか・・・。
正直、やりきった感はありません。いや、それどころかやりたかったことの半分もできませんでした。だからといって、さほど後悔もありませんが。

この7,8月、シーズン真っ最中で仕事はおかげさまで大忙し。この2か月で休日は2日だけ。それでも毎日のように川に出て練習し、日本選手権が終わってからの3か月半で100日は練習した。なんでこんな忙しい時期と大会準備が重なるのだろう?と思うけど、だからこそ意味があったとも思っています。

時間に余裕があれば、十分に練習したのか?
もっと時間があったら、まだ若かったなら、もっといい環境であったら・・・、そんな条件があっても僕は練習しないでしょうね。自分はそこまでメンタル強くありません。明日もあると思っていたらダメな人間ですから。
僕をかりたててくれたものは、他のところにあります。
5月からの日々は、とても充実していました。支えになってくれた方々に感謝です。
本当に大切なものは何か、少しわかってきた気がします。

久しぶりの世界選手権、あの大きなプレッシャーが楽しみです。普段の生活では、そんなのなかなか感じることないですから。

2013 World Championships
[PR]
# by playboating | 2013-08-24 23:37 | Comments(2)

ロボ子参上!


[PR]
# by playboating | 2013-08-10 07:34 | 大会レポート | Comments(0)

2014は良さそうだ

c0121102_231233.jpg
2014STARが長瀞に来ていたので、盗撮してみました。
スライシーな感じで、ナンタハラホールを意識しているのかな?サイズも以前のロックスターよりも小さくて自分にはフィットするかも。久しぶりに乗り換えてみようかという気にしてくれるボートです。
後ろに写っているK森君も、よく漕いでいますねー。毎日漕いでいないかい?仕事してる?カズヤとかは、もうアメリカ行っちゃたし。
playboatingJPで、僕は日本代表が常連化しすぎて、新人が出てこないと嘆いていますが、確かに練習量が違いますね。
カズヤが連載の中で言っていますが、結局、代表組よりも練習している人がいないだけ。た○じ君とか、せっかく昼間川で仕事しているのに、夕方練習しないかな~。期待しているのだけど。上の写真は夕方7時前のことですよ。別に夜練だって出来るしね。
そこまでして世界戦に行きたい人が少ないのかな。逆にいうと、そのくらい頑張れば、代表になれるっていうことだね。
[PR]
# by playboating | 2013-08-07 23:16 | 記事内容 | Comments(0)

毎日漕げる人って・・・

playboatingJP Vol41絶賛発売中です。
今回の記事はいかがでしょうか?
特に僕のお勧めはスラローム。前回に続いて2回目ですが、地味っぽい内容な感じもしますが、とても重要。2時や3時、4時を使って漕ぐ。など、簡単そうで意外と難しいです。特に3時、9時というのはやってみるとわかりますが、簡単ではありません。しかし、これができると、ラインを計算するのが楽になります。
そしてラインと言ったら、後半のJライン。エディキャッチでのラインの逆算は、皆さん行っていると思いますが、その計算の基準となる方法です。常にエディに対して良い角度を作れるのでいいです。
何度もいいますが、練習方法としては地味かもしれませんが、すごく重要。実際、出来ている人は少ないと思いますよ。

他に、とってもいいなと思ったキーワードは、「クリーク始めました」のぴょんきち理論。この意味が分かっている人、どのくらいいるかな?この感覚が分かっているかどうかが、フォワードストロークの差だし、フォワードの差がカヤックの上手さの差です。わからない人は、小森君が僕に聞いて下さい。

あと、僕がとても参考にしているのが、今回の「カズヤスタイル」。
ネタに尽きてきたか、今回は忙しかったか、取材なしの記事でしたが、ずばり、「カヤックが上手くなるには」という内容。半分は試合に対する調整方法でしたが、読者の中で大会に出る人は一部。しかも、調整方法で、毎日漕げる人は・・・って、どれだけいるんだよ!対象が少なすぎでしょ!
カズヤ君自身、ワールドが控えていて、それに向けての確認みたいに行っています。僕も、最近はコンディションというのを凄く考えるようになりました。若い時なら、がむしゃらに練習していましたが、今はたくさん練習できる体力がない。そこで、内容を吟味するわけですが、かといって、体力作りをしなくていいわけではない。
試合に向けてコンディションを作るのは当たり前だけど、結局、日々の練習も、いいコンディションにないと、いい内容で練習できません。毎日漕げる数少ない僕として、今回のカズヤスタイル、とても参考にしています。
ワールドまであと1か月、頑張らねば。
[PR]
# by playboating | 2013-07-29 09:56 | 記事内容 | Comments(0)

Vol41やっと終わりました

c0121102_2082586.jpg
とりあえず終わりました

今回は、他の仕事も忙しく、なかなか時間がとれずにいっぱいいっぱいな感じでした。
明日はスクールもないので、フリー。
7月になって、初めての休みじゃないかな?
やっと、久しぶりにゆっくりできる。
[PR]
# by playboating | 2013-07-18 20:11 | 記事内容 | Comments(0)

行ってきましたよ

先日、下見をしたあの川、行ってきました。
場所は長野県の上田あたり。
日本一長い信濃川の上流部にあたります。

詳しいことはVol41で紹介しますが、
今回は、正直、下見の段階ではあまり、たいしたことはなさそうで、退屈な感じのダウンリバーかな?と思っていたのですが、意外と楽しめました。
この川の中流部は豪快なビッグウェーブで有名ですが、この区間でも、けっこうな大波があり、長めのボートで行ったののですが、谷間にすっぽり隠れるくらい。
そこは、写真が撮れなかったのが残念ですが・・・。
だって、川が大きいから、近づけないんだもん。自分もGoPro欲しいな。

c0121102_7474946.jpg
今回はしなの鉄道です。切符は買ったのか?

c0121102_7483383.jpg
今回は、これまでの渓谷とがらりと雰囲気を変えて大河。広く青い空に風が気持ち良かったです。

c0121102_7491024.jpg
最初の瀬。このくらいの大きなウェーブがいくつもあった。

c0121102_755356.jpg
下見でカヤックを降りたのは2回。ここは、3つに分流していて、その1つの流れ。

c0121102_7515282.jpg
その瀬に入っていく美容師M。

c0121102_7505465.jpg
出口にもホールが待っていた。

c0121102_82169.jpg
はい、気持ちよかったです。
[PR]
# by playboating | 2013-07-11 08:02 | 取材 | Comments(0)

下見

c0121102_9173879.jpg
また、新しい川を探して下見に行ってきました。
前回の吾妻川は、水量が少なかったですが、今回は大河です。
日本でも有名な大河です。ただこの区間はレポートがない。それほど面白そうな区間ではないからだろうけど。下った人はいますけどね。
今日は下見だけですが、水は茶色でした。確かに雨は降っていたのですが、前日は雨ではないので、そんなに増水しているはずはないのですが・・・。これは放流なのかな?上流区間はかつかつだし。数カ所、大きな瀬があるのですが、それ以外はのっぺりとただ流れていて、ちょっとたいくつなそうな感じです。それでも、初めての川は楽しみです。近いうちに行く予定です。

そう、読者ハガキですが、今回は応募がまだまだ少ないです。Tシャツは応募0ですから、今なら、送れば当選です。他の商品も競争率低いですけどね。ちゃんと、コメント入れて応募下さいね。
[PR]
# by playboating | 2013-06-26 21:04 | 取材 | Comments(0)

2013 関東大会

6/9はJFKAの関東大会でした。
地元だったので、写真取材していました。
大会は空梅雨おかげで水量不足に悩まされ、一部、競技がFTRになるなど、運営面や選手のプレーにも大変な部分はありましたが、暑い夏日の中、盛り上がっていましたよ。

まずはリザルト
<エアリアルクラス>
・・・あれっ?リザルトを撮影してきたつもりが、エアリアルのがないね。
忘れたか?それとも張り出されていなかった?
エアリアルクラスの順位は、FTRとホールの合計で最終順位を出したのですが、
それぞれの結果はわかるのですが、合計は僕の記憶で。(たぶん間違ってないかと)
男子
1位 松永 和也
2位 小森 信太郎
3位 矢澤 一輝
女子
1位 末松 佳子
2位 高久 瞳
3位 矢澤 亜季

そして、FTRとホールの各成績
     FTR       ホール
1位 松永 和也     松永 和也
2位 矢澤 一輝     小森 信太郎
3位 小森 信太郎   森田 恒陽
4位 大槻 章三郎   木村 快風
5位 矢澤 亜季     矢澤 一輝
FTRでオリンピアンの一輝が早いのは当たり前だけど、それよりも早いタイムでゴールしたカズヤはすごいです。(*成績はタイムにチェックポイントボーナスを加算しています。成績がタイム順ではありません)

<バーチカルクラス>
男子 
1位 松岡 宏明
2位 西山 義広
3位 大西 尭
4位 鈴木 英行
5位 近藤 創
女子
1位 吉本 友美
2位 石井 薫
3位 木村 小春
4位 木村 史子
5位 松村 由起子

<フラットクラス>
男子
1位 臼方 淳
2位 高野 賢二
3位 田中 良紀
4位 耕納 和喜夫
5位 関谷 弘彦
女子
1位 石井 薫
2位 木村 小春
3位 鈴木 美紀
4位 堀田 あや
5位 阿部 美穂

詳しいレポートはplayboating夏号で。
c0121102_10542356.jpg
最も会場を沸かせたMVPの田邊さん。遠く山口からOCで参戦は、アメリカへの挑戦する意気込みが感じられました。

c0121102_10543648.jpg
もう一人の盛り上げ役、さぶちゃん。もうひと仕事残っていますので、よろしく!

c0121102_10545037.jpg
水量が少なくて・・・、危ない!

そして大会のベストライド、カズヤの2本目。この水量でもこんなことやってのける・・・、さすがです。
[PR]
# by playboating | 2013-06-10 11:04 | 大会レポート | Comments(0)