人気ブログランキング |

playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

井田川大会

31日に長野の万水川へ、
そして1日は富山のKEENカップ井田川大会へと行ってきた。

c0121102_17123821.jpg
とりあえず、井田川大会の結果
男子
1位 八木達也
2位 矢澤一輝
3位 モー・ケルハー
4位 小森信太郎
5位 中村晃
女子
1位 谷むむ
2位 大槻リサ
3位 倉貫葉子
詳しくはこちら

印象としては、やはり井田は難しいな。ということ
そこまで捕まって出にくいという感じはないが、バックウォッシュが暴れて、
技は出しにくそう。マックやフォニックスは難しく、去年より点数も低い展開だった。
自分なら、正直、あのホールにはもう入りたくないな。
そんなコンディションだが、大会初参加の選手もいて頑張っていた。

リザルトは見ての通りだが、予選はこれとはだいぶ順位が違う。
やはり、井田ホールは難しいく、安定したプレイが難しいからだろう。
そんな中、最も安定したライドを見せてくれたのはモー・ケルハー。
c0121102_17183973.jpg
予選1位、セミファイナル2位と順位は落としていったが、常にトップ3いた。
で結果だけでなく、ライドを見ても手数が多い。日本のトップ選手は、タイミングを狙って大技を狙いにいくのに対し、(なので、決まれば点が高いが、失敗した時は低くなってしまう)モーはどんな体勢からで、技を繰り出せる感じ。トリックができるかどうかでなく、ちゃんとホールに居れるところが、上手い!と感じた。
さすが、世界のトップ選手である。しばらく日本に滞在しているので、彼と日本人の対決が見れるのは楽しみである。

優勝した八木君も、最後はしっかり決めるとこがさすが。
予選では7位と危うい感じでもあったのに、セミファイナルからは、他の選手ができないトリッキーウーを軸にして、確実に点数をゲットしてきた。
メンタル的なものは、やはり強いなと感じた。

これで、今年のフリースタイルの大会は終了。
結局、今年のJFKAの大会は、この井田と長良川大会の2戦しか開催にならなかった。
その人数も20名弱と少ない。
大会に参加はしたいけど、JFKAの大会はちょっと・・・と思っている人は多いかもしれない。
ローカル大会に比べてレベル(敷居)が高いと思われている部分もあるが、
僕はレベルの差だとは思っていない。
‘志し’の違いだと思う。
同じ志しの人が増えればいいなと思う。
参加している選手は危機感を持っているし、今後はもっと選手主体の体制になり、より活発化していくはず。もちろん、自分も力になれるように努力しようと思うし、新JFKAに期待してみようと思う。
by playboating | 2009-11-03 17:47 | 大会レポート