人気ブログランキング |

playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

増水 長良川その1

c0121102_2041118.jpg

長良川遠征から帰ってきました。
Newボートインプレの取材のために出向いたのですが、前日に大雨。
それまでカスカスの長良が、一気に増水。それも1日だけだったので、
週末には遊ぶにはちょうどいい水量に。天気も温かく、とてもラッキーな取材でした。
取材といっても、1日目は遊びの日。自分がパドリングするのが目的です。

朝、ダンヒルでモーニングを食べていると、カズヤから「オトヒメウェーブ」が出ているとTEL。スケボーにはまだ水量が多く、この水量ならスポットはここがベストらしい。
駆けつけてみると、すでにカズヤがでかいウェーブでプレイしていた。
しかし、リエントリーが大変なので、午前はダウンリバーすることに。
メンバーは関東から遠征のリサ助手に、キミドリ1号、2号にわらぼうしさん、それにカズヤを加えて6人で。区間はオーナーバリ上からスケボー下まで。

増水したといっても水は茶色ではなく、深いグリーンに青いで空で気持ちいい。
途中には、御岳なら行列のできるホールやウェーブがたくさん。
関東勢は、マイクロホールでねちっこく遊ぼうとするのだが、カズヤはまったくのスルー。この川で、マイクロホールで遊んだりしたら、いくら時間があっても足りません。
特に「ロングの瀬」は最高に気持ち良かった。水量が多いがので、別名の3段の瀬になっておらず、瀬の入り口からゴールまで、大きなスタンディングウェーブが続く。
御岳なら瀬を楽しむために、エディキャッチを繰り返しながら下るのだが、この瀬では、エディキャッチをせずに、ひたすら波の高い所を下る。なんとも贅沢だ!

スケボーはウェーブを形成していたが、リエントリーできるまでにはまだ水が多い。
昼休憩をとって、夕方はスケボー下のオトヒメでスポットプレイ。
ウェーブの形は最高な感じだが、自分には難しかったな。

c0121102_20294928.jpg
エスパーの家のすぐ近くにあるホール。
この水量ではたいした大きさではないが、十分に遊べるスポット。
こんないいスポットを少しのプレイだけで、下っていくなんて、ちょっともったいない気がする。
c0121102_20334056.jpg
「堰堤は、大丈夫かな?」と覗くキミドリ1号とリサ助手。
この水量では危険です、はい。右岸をエスケープ。
c0121102_20362135.jpg
オトヒメウェーブにトライする2号。あー切られちゃう!

カズヤはこの難しいウェーブも技をバンバン繰り出します。
写真はマックナスティ。さすがだ。
c0121102_20373718.jpg


c0121102_2038776.jpg


c0121102_20382213.jpg


c0121102_20384317.jpg


c0121102_20385875.jpg


夜はスピリットにおじゃやまして宴会。
ヨシ君はちょうど、昨日、レーシックを受けたところ。本日は調子いいようです。
翌日の回送とカメラマン、ありがとうございました。

宴会では、リサ助手が日本地理の知らなさを暴露。
リサ曰く、「東海3県の名古屋、岐阜、三重では・・・」
名古屋は県ではありませんから・・・。愛知県民が怒るぞ!

2日目はまたレポートします。
by playboating | 2008-03-17 20:49 | 遊び