人気ブログランキング |

playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カメラを買った

この9月後半は1年で最も忙しい時期である。
10月に大きな展示会があり、その準備で仕事が膨大なのだ。
加えて、プレイボーティングの締め切りも近い。(間に合うのだろうか)

そんなわけで、ここ最近は漕ぎに出れていない。
先週の3連休も、増水で川はウハウハだったろうに、家で仕事をしていた。
といっても、家の中のことや、子供相手がほとんどだったが。
で、ブログにアップするネタもないということだ。
それで、また先々週行ったスクォートギャザーの動画をアップしようと思う。

なぜなら、最近カメラを買ったので、ちょっと使ってみたいのだ。
c0121102_231501.jpg
これだ。けっこうカヤッカーの間で人気のようである。
すでに何人も持っている人をみかけた。
人気の理由は防水で、水中撮影も可能だからだろう。
さらに、動画が手軽にHPやブログにアップできるのが特徴らしい。
実は、このスクォートギャザーの向けて、
ミステリーしている所を水中から撮りたくて買ったのだ。
しかし、あえなく当日は増水のため、濁って水中からはムリ・・・。
というわけで、陸上からですが、
まずは今やスクォート仲間からも一目置かれる実力者のM田哲っちゃん。

生首状態のとこらから見ると、溺れているとしかみれない。
しかもハンドパドルだから、なおさらである。
マニアな人から見れば拍手ものだが、スクォートに乗らない人からは、
楽しそうには見えないだろうな・・・。

次はクマちゃん。中部のベテランパドラーだ。

これはお手本のようなミステリーである。
必死でストロークしてボートを回転させてるのがわかるかな?
ミステリーの方法を知らないパドラーはエディラインの流れを利用して、
潜っていると思われていると思う。確かにそれはそうなのだが、
実はそれだけでなく、ボートを回転させて水中に潜っている。
飛行機が速く走れば、空を飛べるのと同じような原理である。
だから、理論的にはプールでも勢い良く回転すれば沈むことが可能である。
(そこまで高速回転させるのはムリだけど。)

写真だけでなく、動画はやはりちょっと面白いね。

で、今度の3連休は南の島へ旅行です。
カヤックでない遊びをするのは、年に1回くらいです。
実は、このカメラを買った理由のもう1つはこの旅行のため。
サンゴの海を撮影してくるのだ。
こんな忙しいんだから、遊びにいくなよ!って感じなんですが・・・。
帰ってからは、地獄を味わいます。
by playboating | 2007-09-19 23:30 | その他
今年もスクォートギャザー行ってきました。
残念ながら、水量は心配したとおり、少し多目。
最高のミステリースポット「ボロバス」は楽しめなかったが、
代わりに「信玄」なるポイントで大会は開かれた。
c0121102_21363999.jpg
信玄はまず、土木作業から始まる。

実は、まともにスクォートに乗るのは、昨年のギャザー以来、1年ぶり。
ちょっと、感覚が鈍っただろうか?
う~ん、それすらわからない。

このギャザー、言うまでもなく、毎年ジムが来ているのだが、
お友達も連れて、いつも2人で来る。
今年、来日したのはポール。あだなは「ブッタ」。
性格が仏様のように温厚だからだそうだ。
c0121102_2137319.jpg
ブッタは来日は初めてだが、彼に会うのは2回目だ。
彼は、2005年の世界選手権オーストラリア大会のアメリカ代表なのだ。
その時、オーストラリアで会っている。
今回もヒゲ面だが、その当時は、もっともじゃもじゃのヒゲだった。
その仙人のような風貌にちょっと話しづらかったが、
今回はホント、とてもフレンドリーな感じだった。(あまり、話しはしてないけど)
レスキューの時は、真っ先にブッタが向かっていた。好感度アップだ。

今回は、リサ助手も一緒に参加。
なんと、スクォートボートは、今日初めて見るという強者である。
足が苦しかろうに、けっこう頑張っていた。
c0121102_21375560.jpg
こんな感じで、ストリームインの度に沈を繰り返していたが・・・。
c0121102_21384656.jpg
見かねたジムが自分のパドルを貸し出してくれた。こんなありがたい事ないんだぞ!

さて、2日目のジムカップというと、自分の1回戦の相手はなんとトオルちゃん。
自分のライドもまあ満足できる内容だったと思うが、
トオルちゃんはそれよりも良かった。その後もトオルちゃんは厳しい対戦相手に
勝利を続け、ジムカップを手に。難しいスポットで、見事でした。

c0121102_2147214.jpg
決勝の対戦2人。
トオルちゃんは当然として、快風の躍進は立派だ。
c0121102_21482694.jpg
女子部門優勝のもっちゃん。
トロフィーはジムの弟ジェフの手作り。このトロフィー、何よりも欲しいものだ。
by playboating | 2007-09-12 21:53 | 遊び

台風来襲

昨日、カヤックを運ぶ用事があって三浦に行ってきた。
台風が来ているというのに。海だ。
カートップには2人乗りのレジャー艇が。
そこまで、強風ではないが、これ以上強くなったらと心配だ。

三浦につくと大きなうねりが入っている。
時々、高波が、駐車場の車のすぐそばまで打ち寄せる。
「こんな日は海は誰もいないいだろうな」と思っていると、
なんと、サファーが着替えている。
c0121102_122478.jpg
いや、沖を見ると、すでに10人以上は波乗りしているではないか!

「君達、危ないよ。台風が来ているの知ってる?」
と言いたくなるが、
これは自分らが、増水した川を下るのとたいして変わらないのだろう。
彼らには、待ちに待った波に違いない。
確かに波の状態はいい。
高さは2~3mくらいで、あまり崩れてなく、グリーンウェーブ続いている。
これは、乗りたくなりますよ。

しかし、後ろには大型の熱帯性低気圧が控えていると思うと、
恐怖を感じずにはいられない。やはり彼らは危険分子なのだろう。
どこの世界にも危なやつらはいるものだ。
(って自分らもそう思われている?そんなつもりはないが)

さて、今週末には地元の川も最高だろう。
しかし、残念ながら、増水長瀞は味わえない。
スクォートギャザーのイベントで気田川に行くのだ。
ちょっぴり水量が心配だが、とりあえず、今から行ってきます。
by playboating | 2007-09-07 12:30 | その他