playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Vol29発売!

c0121102_8143011.jpg

今週末、Vol29の発売です。
巻頭は春号からの連続企画で、ビギナー向けの特集です。
今回は、流れの読み方。
中級以上の方にはもうわかっている事だろうけど、
ラインとは何か?というのを改めて意識してみるのもいいかもしれません。

その他は・・・う~ん盛りたくさん。
前号のアンケートを見てみてみると、最近、ルカ研究所の人気が上がってきているんだよなー。面白かったという意見の多かったオヤジ流ですが、今回は申し訳ないです、休載です。次回に期待して下さい。

というわけで、週末はカヌーショップに寄って、ゲレンデへと向かおう!
[PR]
by playboating | 2010-07-29 08:23

ダッキーで川下り

c0121102_2225858.jpg
夏号の発売は今月末です。
すでに編集は終わり、校了しています。
あとは、印刷の出来上がりを待つのみ。
さて、いつもプレゼントの当選は次号発行の時と一緒に。
つまりVol28(春号)の当選は今月末ということです。
今回のプレゼント応募ですが、SWEETのストルッターがかなり多かったです。限定カラーということで、特に人気だったのか?
頂いたハガキを読むと、いかにこのプレゼントが欲しいかを熱く書き綴ってくだる方が多いです。
金欠だからとか・・・、旦那へのプレゼントにしたいから・・・とか。好きな人へのプレゼントにしたいなんて書かれると、つい、じゃあこの人になんて思ってしまいます。
しかし、当選はある程度公正な抽選です。
ある程度というのは、やはりお便りの内容によります。
応募の多いプレゼントの場合、
まずコメント欄に何も記載がないのは外されます。
次にコメントを読んで、いくつか心に響いたものを残します。
そして、残りの中から公正に(テキトーに?)エイ!と1枚選びます。
なので、やはり、コメントを頂いた方が当たる可能性が高いです。
それも、プレゼント欲しいよりは、皆さまの近況報告とか、
小誌への要望とかをコメント頂いた方が、こちらも助かりますね。
プレゼントの応募を下さる方は参考にお願いします。

あと、住所の記載がない方が、時々いらしゃいます。
まああのハガキが悪い部分もあるのですが、郵便番号のみ記入して、その続きが抜けているのです。注意して下さいね。

さて、上の文章とは全く関係ないですが、今日は長瀞をダッキーで下りました。
(冒頭の写真はボートの上から撮ったものです。特に意味もないのだけどね。)
意外といけますね。サーフィンなんかは、プレイボートよりも簡単なのでは?
けど、サイドサーフィンでは沈しそうになり、びびった。
沈しそうで、なんとか踏ん張るのだけどね。
その踏ん張る「間」が怖い。
[PR]
by playboating | 2010-07-25 22:13 | 記事内容
速報です

凄いです
イヤ、まじスゴイです。
ホントにすごいです。

ラフト世界選手権、
なんと男女とも優勝。

もちろん、その実力も凄い。

けど、僕が一番感動しているのは、
テイケイも、リバーフェイスも本気で世界一を目指したこと。
果たして、日本のカヌー界、ホワイトウォーター界で、
本気で世界一を目指して努力をしている人が何人いるでしょうか?

テイケイ、リバーフェイス、おめでとうございます。

テイケイブログ
リバーフェイスブログ
[PR]
by playboating | 2010-07-17 23:27 | 大会レポート

ラフト世界選手権

先日紹介したオランダで開催されているラフティング世界選手権、
日本チームが大活躍です。

2日目終了時点での速報です
男子

【総合結果2日目終了時】
1位 日本
2位 ブラジル
3位 チェコ
4位 ロシア
5位 スロバキア

【スラローム結果】
1位 チェコ
2位 日本
3位 ブラジル
4位 USA
5位 イギリス
【スプリント結果】
1位 ロシア     1:09.43
2位 日本 1:10.24
3位 チェコ 1:10.87
4位 ブラジル 1:11.91
5位 インドネシア 1:12.11
【H2H結果】
1位 スロバキア
2位 日本
3位 ブラジル
4位 ロシア
5位 USA

なんと現在1位。残すは最終種目、ダウンリバーのみ。
日本からホワイトウォーターの世界でチャンピオンが登場となるのか?
[PR]
by playboating | 2010-07-17 00:37 | 大会レポート

世界選手権 in オランダ

サッカー・ワールドカップが終了しましたが、フリースタイルワールドカップの模様は、今月末発売PLAYBOATING誌で報告します。お楽しみに。
さて、サッカーではオランダが、準優勝、日本にも勝ちをおさめましたが、オランダという国は日本よりも小さいのに強い。
そして、カヌーでは・・・けっして日本は負けてないと思うけど、
環境(ゲレンデという意味ではなくて)では負けているかも。
オランダには素晴らしい人口コースがあるのですね。
(まあ国土のいくらかは水面下というから、人口コースでもなければ、
ホワイトウォーターは楽しめないのか?)
c0121102_8564525.jpg
この人口コースで、ラフティングの世界大会が開催されます。
日本からは、男子が、プロチーム「テイケイ」、
女子が「ザ・リバーフェイス」が出場しています。
リバーフェイスは、これまで小誌でも紹介しています。
今大会の日本の目標は、
ずばり、テイケイは優勝、
リバーフェイスも表彰台を目指しています。
テイケイは昨年の世界大会で2位ですから、ついに手の届くところまで来たわけです。
彼(彼女)らのブログを覗くと、その目標に対して、人生をかけた真剣な取り組みが伝わってきます。ぜひ、みなさんも応援して下さい。

ラフティングチーム・テイケイ

ザ・リバーフェイス

World Rafting Chams 2010

また、この世界大会の模様は小誌、秋号でも掲載予定です。
[PR]
by playboating | 2010-07-14 08:56 | 大会レポート

リンクいろいろ

小誌に連載を頂いている方はもちろん、投稿や協力を頂いた方とかのブログやHPのリンクを貼らして貰っています。

遅くなりましたが、前号でインタビューの協力してくれた小森君のブログを追加。
有名なブログなので、すでにほとんどの方も知っているでしょうけど。
その中に紹介されています、「笑び」も追加しました。
長良川近くで、パドラーに安住の宿を提供してくれます。
オーナーはすでにリンクしているイケポンさん。
以前にも大会レポートを書いてもらいましたが、また次号でも登場ですよ。
こんどはどんな形で登場か?いじられキャラですからねー。アレですよ、アレ。

あと、以前にリンク済みなのですが、
パドラーの車事情の著者(cogitopos)、
リバーガイドで何度も寄稿して頂いているSwinDogさん(
水遊び大好き)、
このお二人は、最近、関西で活躍が目覚ましいパドラーです。

そして、今回紹介するブループラネットカヤックス
はい、私がスクールを行っています。
c0121102_12244889.gif

ビギナーからお教えします。
もちろん、マニアな方の希望もお受けします。ご要望をお申し付けください。

続けてスクール紹介ですが、
前号で山形の寒河江川を紹介して頂いたSD-SPORTS
そして次号にすばらしい川のレポートを下さったclass5
この記事は楽しみにしておいて下さい。
ちょぴり、写真を紹介です。
c0121102_12284617.jpg

読んだら、行きたくなりますよ。
[PR]
by playboating | 2010-07-08 12:32 | その他
c0121102_19202249.jpg
激しい夕立が続く毎日だけど、その影響で長瀞は水が多い。
一昨日は160tあったが、徐々に減ってきて、日曜の今日は60t代。
小滝ウェーブには多いですね。
本日は、スポットプレイの人はいませんでしたが、ダウンリバーは多かった。
水量たっぷりで、豪快なツアーが楽しめたのではないでしょうか。

さて、昨日書いたカブトガニもどきですが、
コメントも頂きましたが、どうやらカブトエビという生き物らしい。
生きている化石だそうな。
日本では移入したきた種らしい。どうりで子供の頃は見なかった。
生命力があり、乾燥した土の中でも卵ですごすようだ。
驚いたのが、最近ではデパートでも売っているそうな。(食品売り場ではありませんよ)
土に水を与えれば簡単に孵化するという生態が、理科の実験、ペットとして人気らしい。
こんなのも商売になるなんて、面白いですね。
[PR]
by playboating | 2010-07-04 19:20 | その他

げんごろう?

c0121102_7235110.jpg
朝、ゴミ捨てに行く道のりに田んぼがあるのだが、
ひょいと田んぼを覗くと、俊敏に動きまわる生き物がいる。
げんごろうかな? 
と思ったが、「しっぽ」がある。サイズも小さい。
おたまじゃくしか。とも思ったが、動きが違う気がする。
水生昆虫のように機敏な動きをしている。
そういえば、ラジオが、野口五郎の曲をバックミュージックに、
げんごろうが日本から絶滅するような事を言っていた。

なんだろう?と捕まえてみる。
c0121102_7241138.jpg
カブトガニ?
そんなわけはない。淡水だし、大きさも違う。
だけど、姿形は似てるんだよなー。
なんでしょう?
捕まえた虫は、とりあえず庭のスイレン鉢に収納されました。

裏返したところ
c0121102_7285379.jpg
誰か知ってますか?
[PR]
by playboating | 2010-07-03 07:33 | その他