playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating
プロフィールを見る
画像一覧

行ってきましたよ

先日、下見をしたあの川、行ってきました。
場所は長野県の上田あたり。
日本一長い信濃川の上流部にあたります。

詳しいことはVol41で紹介しますが、
今回は、正直、下見の段階ではあまり、たいしたことはなさそうで、退屈な感じのダウンリバーかな?と思っていたのですが、意外と楽しめました。
この川の中流部は豪快なビッグウェーブで有名ですが、この区間でも、けっこうな大波があり、長めのボートで行ったののですが、谷間にすっぽり隠れるくらい。
そこは、写真が撮れなかったのが残念ですが・・・。
だって、川が大きいから、近づけないんだもん。自分もGoPro欲しいな。

c0121102_7474946.jpg
今回はしなの鉄道です。切符は買ったのか?

c0121102_7483383.jpg
今回は、これまでの渓谷とがらりと雰囲気を変えて大河。広く青い空に風が気持ち良かったです。

c0121102_7491024.jpg
最初の瀬。このくらいの大きなウェーブがいくつもあった。

c0121102_755356.jpg
下見でカヤックを降りたのは2回。ここは、3つに分流していて、その1つの流れ。

c0121102_7515282.jpg
その瀬に入っていく美容師M。

c0121102_7505465.jpg
出口にもホールが待っていた。

c0121102_82169.jpg
はい、気持ちよかったです。
[PR]
# by playboating | 2013-07-11 08:02 | 取材

下見

c0121102_9173879.jpg
また、新しい川を探して下見に行ってきました。
前回の吾妻川は、水量が少なかったですが、今回は大河です。
日本でも有名な大河です。ただこの区間はレポートがない。それほど面白そうな区間ではないからだろうけど。下った人はいますけどね。
今日は下見だけですが、水は茶色でした。確かに雨は降っていたのですが、前日は雨ではないので、そんなに増水しているはずはないのですが・・・。これは放流なのかな?上流区間はかつかつだし。数カ所、大きな瀬があるのですが、それ以外はのっぺりとただ流れていて、ちょっとたいくつなそうな感じです。それでも、初めての川は楽しみです。近いうちに行く予定です。

そう、読者ハガキですが、今回は応募がまだまだ少ないです。Tシャツは応募0ですから、今なら、送れば当選です。他の商品も競争率低いですけどね。ちゃんと、コメント入れて応募下さいね。
[PR]
# by playboating | 2013-06-26 21:04 | 取材

2013 関東大会

6/9はJFKAの関東大会でした。
地元だったので、写真取材していました。
大会は空梅雨おかげで水量不足に悩まされ、一部、競技がFTRになるなど、運営面や選手のプレーにも大変な部分はありましたが、暑い夏日の中、盛り上がっていましたよ。

まずはリザルト
<エアリアルクラス>
・・・あれっ?リザルトを撮影してきたつもりが、エアリアルのがないね。
忘れたか?それとも張り出されていなかった?
エアリアルクラスの順位は、FTRとホールの合計で最終順位を出したのですが、
それぞれの結果はわかるのですが、合計は僕の記憶で。(たぶん間違ってないかと)
男子
1位 松永 和也
2位 小森 信太郎
3位 矢澤 一輝
女子
1位 末松 佳子
2位 高久 瞳
3位 矢澤 亜季

そして、FTRとホールの各成績
     FTR       ホール
1位 松永 和也     松永 和也
2位 矢澤 一輝     小森 信太郎
3位 小森 信太郎   森田 恒陽
4位 大槻 章三郎   木村 快風
5位 矢澤 亜季     矢澤 一輝
FTRでオリンピアンの一輝が早いのは当たり前だけど、それよりも早いタイムでゴールしたカズヤはすごいです。(*成績はタイムにチェックポイントボーナスを加算しています。成績がタイム順ではありません)

<バーチカルクラス>
男子 
1位 松岡 宏明
2位 西山 義広
3位 大西 尭
4位 鈴木 英行
5位 近藤 創
女子
1位 吉本 友美
2位 石井 薫
3位 木村 小春
4位 木村 史子
5位 松村 由起子

<フラットクラス>
男子
1位 臼方 淳
2位 高野 賢二
3位 田中 良紀
4位 耕納 和喜夫
5位 関谷 弘彦
女子
1位 石井 薫
2位 木村 小春
3位 鈴木 美紀
4位 堀田 あや
5位 阿部 美穂

詳しいレポートはplayboating夏号で。
c0121102_10542356.jpg
最も会場を沸かせたMVPの田邊さん。遠く山口からOCで参戦は、アメリカへの挑戦する意気込みが感じられました。

c0121102_10543648.jpg
もう一人の盛り上げ役、さぶちゃん。もうひと仕事残っていますので、よろしく!

c0121102_10545037.jpg
水量が少なくて・・・、危ない!

そして大会のベストライド、カズヤの2本目。この水量でもこんなことやってのける・・・、さすがです。
[PR]
# by playboating | 2013-06-10 11:04 | 大会レポート

帰省

この間の週末は、時間もできたので、急に思い立って長良川に行ってきた。
どうしてもホールでスクォートを試してみたかった。
ワールドの会場はホールミステリーなので、その練習が必要だからだ。
場所はこんの。ここに来ると、遠征というより、帰ってきたという感覚。20代の時はここで漕ぎまくりましたからね。懐かしいです。
さて、実際にはホールは難しくて、ほとんど何も出来なかった・・・。
まあ、最後の方にようやくミステリー出来るようになりましたが。ここで得た課題を、今後の練習に繋げていきます。

c0121102_23593385.jpg
長良は僕の第2の故郷。ここは、帰ってきたという感じで落ち着く。

c0121102_2359411.jpg
行きに別な場所の下見も。降下のレポートもある川なのですが、シーブがあちこちにありました。ここ本当に下れるのか?水量のせいもあるのかな。もしかしたら、もっと上流区間なのかもしれない。
[PR]
# by playboating | 2013-06-04 00:04 | 遊び

プレゼント

日本各地、梅雨入りしてきた感じですね。
しかし、関東はまだまだ雨が足りません。9日の関東大会は水量が心配されますが、どうなんでしょう?条件が悪くても、その中で何をするか?というのが、自然相手の競技ではありますが。
私自身も、世界戦に向け、ほぼ毎日トレーニングに励んでいます。

c0121102_1274520.jpg
さて、Vol40のプレゼントには、今回高額商品もあります。しかし、応募が今のところ少ないです。なぜでしょう?ちょっとエロイから?抽選近くなって後から出す方が当選確率高いと考えているのでしょうか?そんなことはありませんよ。むしろ早い方が印象が高いです。応募が複数ある場合は、メッセージを加味して、選ばせてもらっています。
それと、今回から、カズヤスタイルとルカ未来研究所に対するリクエストの記入欄も設けています。こちらもよろしく願いしますね。
あと、前回書いた、隠れ文字にも反応ないな・・・。難しすぎたのかな?
[PR]
# by playboating | 2013-05-30 12:09 | 記事内容

グラビア!!

Vol40号、僕の近辺では、これまでにないくらい売れています。
初グラビアが人気なようです。
まだまだ在庫ありますから、欲しい方はカヌーショップへGo! またはこちらに問い合わせを。
ちなみに、グラビアは袋とじではないので、ちら見できすまよ。
で、このグラビアページ?(シークトルース広告)には、「カクレ文字」が存在します。
このページを穴があくほど、見て下さい。ある文字が隠されています。
分かった方には、抽選で1名様に末松佳子缶バッチをプレゼント致します!
ヒントは、漢字2文字、白かな?

さて、グラビアのモデル、ワールドに向けとても頑張っています。
Mr.Tの記事でも紹介されていますが、下記ページをご覧ください。
ウィシム 日本代表 末松佳子
日本代表を応援して下さる方、サポーターお願いします!!
申込み期日は5月末までです。
c0121102_1333040.jpg

[PR]
# by playboating | 2013-05-15 13:34 | 記事内容
c0121102_1816359.jpg
先日、フリースタイル日本選手権、兼世界戦代表選考会が行われました。
もう、すでに知っている人も多いでしょうが、結果は

K1男子
1位 小森信太郎
2位 松永和也
3位 中村 晃
4位 八木達也
5位 岡本 稔

K1女子
1位 末松佳子
2位 高久 瞳
3位 石田元子

C1
1位 飯島智樹
2位 前田隆行

SQT男子
1位 石原トオル
2位 小倉陽一
3位 今井 健

SQT女子
1位 石田元子
2位 末松佳子
3位 高久 瞳

でした。
c0121102_18114334.jpg
本大会はセレクションを兼ねているので、代表枠への通過は誰か? というのが1つの見どころでしたが、特にK1男子の4,5位争いが最も注目だったと思います。
結果は上記のとおり、岡本君がダークホース的存在から、見事代表を勝ち取りました。
早くから現地入りして、ずっと合宿して練習していたのが、実を結んだのでしょうか?
昨年の同大会に比べて、それぞれ参加選手の皆がレベルアップしているなというのを感じました。日本代表に向けて、1年間努力してきたんだなというのがわかります。それだけに、大会は熱く、志し届かなかった人には、涙もあったと思います。
僕も現場にいて、皆の熱い情熱を感じれてよかったです。


さて、例年なら、自分はスタッフや取材側だったのですが、
今回は選手として参加してきました。
自分のパフォーマンスは反省点ばかりでしたが、世界選手権という次のステージを頂くことになりました。日本代表のチームとして世界戦に行けるのはとても楽しみです。
しかし、その前に練習を頑張らないといけません。体力的にはすっかり厳しくなりましたが、再び挑戦の日々を送ることに、ため息と喜びを感じています。
c0121102_18121514.jpg

[PR]
# by playboating | 2013-04-30 18:13 | 大会レポート

長野遠征

先日、長野でダウンリバーしてきた。
犀川の支流になるが、この雪解け時期が楽しいらしい。
メンバーはグラのイントラ・マツとウクディのイントラ・アキ、それにpb誌の日本の川と路線で登場するMの4人。各社のイントラが3人という面白い顔合わせでした。
川はリバーラン中心ながら、フリースタイルボートでも大丈夫で、それなりにスポットがあるという。しかし、当日は前々日の雪で気温が下がり、逆に水量が減ってしまったとのこと。ベストなスポットはなかったです。それでもダウンリバーは十分に堪能できました。
また行ってみたいと思う川です。

c0121102_18114666.jpg
珍しい?メンバー構成で、新鮮で楽しかったです。

c0121102_18114989.jpg
スポットで遊ぶマツ。スポットはリエントリーも簡単でベスト水位ならもっと遊べそうだった。

c0121102_18122174.jpg
核心部の最後のドロップに向かうマツ。

c0121102_18124082.jpg
こちらは核心部の中盤あたり。

c0121102_1813188.jpg
最後のドロップ、岩に乗り上げながら落ちた。水量が多い方がラインは簡単だとのこと。
[PR]
# by playboating | 2013-04-25 18:21 | 遊び