人気ブログランキング | 話題のタグを見る

playboating@jp playboat.exblog.jp

雑誌プレイボーティング     編集長の日記   


by playboating

台風来襲

昨日、カヤックを運ぶ用事があって三浦に行ってきた。
台風が来ているというのに。海だ。
カートップには2人乗りのレジャー艇が。
そこまで、強風ではないが、これ以上強くなったらと心配だ。

三浦につくと大きなうねりが入っている。
時々、高波が、駐車場の車のすぐそばまで打ち寄せる。
「こんな日は海は誰もいないいだろうな」と思っていると、
なんと、サファーが着替えている。
台風来襲_c0121102_122478.jpg
いや、沖を見ると、すでに10人以上は波乗りしているではないか!

「君達、危ないよ。台風が来ているの知ってる?」
と言いたくなるが、
これは自分らが、増水した川を下るのとたいして変わらないのだろう。
彼らには、待ちに待った波に違いない。
確かに波の状態はいい。
高さは2~3mくらいで、あまり崩れてなく、グリーンウェーブ続いている。
これは、乗りたくなりますよ。

しかし、後ろには大型の熱帯性低気圧が控えていると思うと、
恐怖を感じずにはいられない。やはり彼らは危険分子なのだろう。
どこの世界にも危なやつらはいるものだ。
(って自分らもそう思われている?そんなつもりはないが)

さて、今週末には地元の川も最高だろう。
しかし、残念ながら、増水長瀞は味わえない。
スクォートギャザーのイベントで気田川に行くのだ。
ちょっぴり水量が心配だが、とりあえず、今から行ってきます。
# by playboating | 2007-09-07 12:30 | その他

ORレポートその4

ORレポートその4_c0121102_176771.jpg
ORねたで引っ張ってきたこのシリーズも今回でおしまいです。
ほとんど、たいした商品のレポートもしてない気もします。(何しに行ったのやら)
で、アメリカ最終日にはソルトレイク(ほんとの湖)に観光に行ってた。
観光といっても、ショーが終わってからの夕方です。
ソルトレイクシティから約1時間ほど車を走らせれば到着。
こっちは日が長く、夜8時くらいまでは十分に明るいのだ。
カヤックに関係ない観光ネタですいません。

ここでお詫びだが、最初のレポートで試乗会がソルトレイク(湖)で行われた。
と書いたが、ウソでした。あそこは、どうやら別の湖だったらしい。
どうりで、塩味は感じなかったわけだ。

で、ここは本物の塩湖ソルトレイク。
トップの写真で真っ白なのは、すべて塩です。
沿岸に近寄ってみるとこんな感じ。
ORレポートその4_c0121102_1715218.jpg

名前のまんまだが、塩湖であることに感動。
広大な景色に感動だが、目に入いる風景もソルトレイクのほんの一部。
ソルトレイク自体は琵琶湖の7倍の広さがあるらしい。
湖の周りも乾燥地帯の平原で、遠くに山が見える。
アメリカは広い!と思ってしまうが、これはほんの点にすぎないと
思うと、なんと自分見える範囲の狭いことか。

ソルトレイクは、すべて湖面が白かというとそうではありません。
ORレポートその4_c0121102_1724665.jpg
ほとんどの場所では、こんな感じで普通の湖です。
場所によっては、岸は黒いものだかりが・・・。
ORレポートその4_c0121102_17252922.jpg
黒い点に見えるのは、すべてコバエです。
ありえない数だ。湖面をながれているのも多数。異臭まで漂っている。
さらにありえないのが、この場所で、海水浴をしている観光客がいることだ。
どうでもいいが、湖だが、海水浴だ。
ぶらぶらと歩いて帰ってくると、足元はこんな感じ。
ORレポートその4_c0121102_17282199.jpg
白っぽいのは塩です。
日本に帰ったら、まだサンダルに付いてました。
# by playboating | 2007-08-30 17:24 | 取材

ORレポートその3

さて、今回のORショー、プレイボートは正直、あまり多く発表されてなかった。
以前のように、毎年モデルチェンジといことはなくなったようだ。
製品が完成されてきたのか、それとも、このカテゴリーに勢いがないのか・・・。

そんな中で「これは勢いあるな」というのが、やはりフィンシングカヤック。
それと、シューズメーカーだった。

ご存知クロックスは、今や街中のいたる所で履かれている。
そういえば先日のテレビ番組でもジャニーズメンバーがクロックスを履いてた。
このクロックス、日本でも偽物ブランドが横行しているが、
本場では、偽者の数もハンパじゃない。
数にして20社以上は余裕であったと思う。
クロックスブースのすぐ近くで、普通にバッタモンが展示されているのだ。
中には、KEENやMIONといったあらゆるブランドの偽物を全て揃えている
つわものブースもあった。
そんな感じでサンダルはアウトドアシーンで、重要なアイテムとして確立しているようだ。

さて、真面目なメーカーに戻り、注目してみるとやはり、中身は数段上。
TEVAブースは相変わらず大きなブースで、スクリーンにDVD放映をしていて、
先駆者の貫禄がある。製品もバラティに富んでいる。
ブースにはトップパドラーも良く顔を出していた。

パタゴニアも今年からフットウェアを展開している。こちらはどちらかというと
タウンユース的なシューズばかりだが。

新興ブランドのMIONはまだ展示品は少ないながらも、実際に会場内でも
すでに履いている人を多くみかけた。アメリカでは使用率はけっこう高いようだ。
あの、タオ・バーマンもMIONライダーになってたし。

で、(僕の)注目だったのがKEEN。
なんと展示スペースの半分はカバンだったのだ。
KEENはアウトドアというよりアパレルメーカーっぽく変化していた。
カバンはざっと見て20種類以上ある。
これらはその写真です。
ORレポートその3_c0121102_2353321.jpgORレポートその3_c0121102_23534847.jpg


ORレポートその3_c0121102_23542087.jpgORレポートその3_c0121102_2354356.jpg


ORレポートその3_c0121102_23545021.jpgORレポートその3_c0121102_2355491.jpg


どうです?なかなかおしゃれじゃないですか?
そして、僕もつい買っちゃいました。
買ったのはこれです。↓
ORレポートその3_c0121102_017397.jpg
見た目も気にいったのだけど、機能が面白い。
取っ手にマグネットが仕込まれていて、口がパチンと閉じて、
垂らすと、取っ手部分がそのままKEENのロゴと重なるようになっている。
(ここもマグネット)
さらにすごいのが、本体中を開けると
ORレポートその3_c0121102_02108.jpg
写真では分かりにくいだろうか?ライトが点くのである。
このライトは、カバンを開ければ自動で点き、閉じれば勝手に消える。
ライトが点くことが、どこまで便利かは微妙かもしれないが、
まあ、これが面白かったわけで、つい買っちゃたわけだ。(日本より安いし)

日本ではまだ未発売です。来春発売だそうです。
# by playboating | 2007-08-23 00:31 | 取材

お盆休みは・・・ここ

お盆休みは・・・ここ_c0121102_16572624.jpg
アメリカより帰国してきました。

帰国したら、日本は暑い。

ソルトレイクもかなり暑いところだったのだが、昼間はビルの中で
エアコンがんがんなので、半袖Tシャツでは寒いくらい。
また盆地にあるので、夕方にはすぐに涼しくなっていた。
そんなことで、実際には向こうでは涼しい夏だったのだが・・・。

日本は猛暑だったとは。しかも、帰国した翌日に最高温度を記録。
家の中がなんか蒸し風呂みたいだ。
記録を出した熊谷は私の家の近く。どうりで暑いはずだ。

ということで、わずかに残ったお盆休みは長野のアイリスホールへ。
この日も気温的には猛暑だったが、ここは水が冷たくて気持ちいい。
避暑には最適だ。

ホールの状態というと、以前来た時より残りやすいが、
それでも2エンドというところか。もう少し水量が多いほうがベストのようだ。
状態がいいと情報をくれた館長もこんな感じでウハウハだった。
お盆休みは・・・ここ_c0121102_1723369.jpg
もう5日連続で漕いでいるらしい。かなりタフです。

ループや、カズヤに教わったマックナスティを練習。
けど、マックナスティはまだ未完成。上流エッジが難しいね。

ここは(この日のコンディションでは)比較的フラッシーということで、
できるだけフラッシュしないための方法を僕なりの解説をしてみます。
お盆休みは・・・ここ_c0121102_1782547.jpg
①上流を見て!と人には言ってますが、目線はちょっと下流ですね。
やはり、少しタイミングが早かったのですが、これは目線の先を意識していたため。
次のストロークの位置を狙ってます。
お盆休みは・・・ここ_c0121102_17104254.jpg
②狙っていた位置にバックストロークを入れる。
このストロークが残るポイント。
比較的残りやすいホールなら、このストロークはいらないが、
フラッシーな場所では、1エンドごとに上流に戻す動きが必要。
これはスピンでも同じこと。スピンなら、皆もよく入れてるのではないかな。
お盆休みは・・・ここ_c0121102_17141222.jpg
③さっきのバックからフォアに変えて、スターンを入れてます。
お盆休みは・・・ここ_c0121102_17153695.jpg
④バックウォッシュで、ちょっと視界を失ったところですが、
見えなくても次の左フォアを意識しています。
お盆休みは・・・ここ_c0121102_17171812.jpg
⑤ボートの回転と同時に左フォワードストロークを入れる。
正直、このときは上流は見えてないのですが、とにかく残るための
ストロークを入れてます。さっきの右バックと同じこと。
自分の位置を確認してから、フォアを漕いでいたのでは遅すぎる。
遅れないよう予想して漕いでます。(もちろんそうじゃない状況もあるけどね)

簡単に言ってしまうと、出やすいのなら、残る動きをすること。
その1つにストローク。あとは、体重をいつもより上流に意識しています。


ORレポートですが、まだもうちょっと続きます。
# by playboating | 2007-08-20 17:33 | 遊び

ORレポートその2

さて、オープンデモ(試乗会)の次は、ソルトプレイスという所で大展示会だ。
これはカヌー・カヤックだけでなく、サマーアウトドア一般のショーなので、
クライミングや、キャンプ用品、アパレル、よく分けわかんない小物まで、
ありとあらゆるものが展示されている。
訪れる人間の数も、数万人単位で、会場はごったがえしている。
正味、3日間いるのだが、1つ1つをじっくり見るには不可能な時間。
あまりカヤックには関係ないものは、スルーするのだが、
「おっ?」と思うようなものもいくつかある。

多くはここでも紹介しきれないので、その2ではヘルメット特集で。
ORレポートその2_c0121102_14492187.jpg
プレデターから発売されたLEE。
どこかで見たシェイプだが、素材はABS樹脂。形は一緒でも値段が安い。

ORレポートその2_c0121102_1451743.jpg
最近はフィッシングカヤックが流行りですが、その波はここまで。
SRにまでカモ柄登場です。

ORレポートその2_c0121102_14525037.jpg
一見、木製のようですが、グラフィックです。これもあり?かな。

ORレポートその2_c0121102_14542941.jpg
人気のsweetはグラフィックもCool!
こちらは限定版ということで、生産は少ないとのこと。
ORレポートその2_c0121102_14555789.jpg
絵の意味は良く分からない。そこがsweetの面白み?
sweetはスタッフもいかれたファンキー野郎ばかりだ。
このブースはいつも酔っ払いのたまり場みたいになっている。

ORレポートその2_c0121102_14565240.jpg
これはあるメーカーのプロトモデル。なかなかいいデザイン。
おそらく、値段的にもそんなに高くないだろう。
# by playboating | 2007-08-12 14:52 | 取材